作ったり読んだり飛んだり考えたり


by miholanta

プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

今夜もeat it
一日一膳
おいしい写真館
作りたGirlの★ビーズ...
本日の、のんし。
小国での日々 第6章
ほな、またね!
流木民
Kippis! from...
Rustique News
Aroma Relax

最新のコメント

☆mother-of-p..
by miholanta06 at 10:24
最高!! 今年の弥..
by mother-of-pearl at 15:21
☆smallcountr..
by miholanta06 at 02:00
こういう淡い色彩が、貴女..
by smallcountry at 00:55
☆mother of p..
by miholanta06 at 09:36
あ~、やっぱりまた行きた..
by mother-of-pearl at 20:48
☆smallcountr..
by miholanta06 at 10:53

ブログパーツ

カテゴリ

ひとりごと
プチショット
お菓子
うちごはん
手作り石けん
手作りパン
手作り
レシピ
外で見つけた
ダラス
アトランタ
ガラス

映画
旅行記
旅行記-フランス2013
旅行記-フランス2014
甥っ子
お知らせ/ご挨拶
etsy
日本 2014

ライフログ


ダカフェ日記


続 ダカフェ日記


上田義彦写真集 at Home


じいちゃんさま


うちの食卓 イタリア主婦のおいしい家庭料理


北イタリアの食卓 うちの食卓 Non solo italiano


A.R.Iのお菓子の提案―dailyマフィンとビスケット


Kippis! from Finland フィンランドの毎日の暮らし

タグ

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
海外生活

画像一覧

初めてのルバーブ

ルバーブなるもの。
イギリスのティーハウスで初めてルバーブパイなるものを食す。
イギリスに1年ガーデニング遊学していた妹いわく、生はものすご~くすっぱいので、イギリスではお砂糖をたっぷり入れて煮て食べるとのこと。

パイ自身は特に印象に残る味というわけではなかったけれど、生のルバーブの見た目の派手さ、豪快さはそれはそれは印象的で、アメリカでもルバーブジャムというと、つい手を伸ばしてみたり・・・。

でも生のルバーブをスーパーマーケットの棚に探そうとしたことはなかったし、見かけることもなかった気がする(見逃していただけなのかもしれないけれど)。
たまにレシピを見つけては冷凍ものを使ってみようかな?とチョロっと思ったりはしたけれど、実現には至らず。

なのに俄然興味が出てきたのはここ、nonshiさんのところで触発されたから。
スーパーで思いっきりきょろきょろしてみたけれど、ルバーブ運はなかなかなくて・・・。
でもとうとう見つけました。
アジア系スーパーの野菜売り場にて。
よくわからないなりに太すぎず、細すぎずのもの3本。太いのは私の腕くらい、細いのはごぼうくらいとかなりバラつきありでした。一般的な太さってどんなんでしょう。
けっこうずっしり重みがあります。

さぁ、Getしたはいいものの、なににしようかな?タルトもよいなぁ、でもタルトを作る時間はちとない。まぁ、いいか、最初はジャムで。
レシピを探すとなんだかとっても簡単。適当に切って約半量の砂糖と一緒に煮ればいいだけ。しかも見た目に寄らず、あっという間にやわらかくなるとのこと。
f0032653_2363262.jpg

本当にそのとおりでした。
なんにもしないでひょひょいと出来ちゃった。寝る前のひとときで。

味は比較の仕様がないので、こんなかな?といったところ。
ピンクがとってもかわいいのです。
f0032653_2304120.jpg

800gで$5ちょい。ジャムにしては高い?
ま、でもいいです。たくさん出来たし。使ってみたい気持ちが満足したし。

初ルバーブプロジェクト、これにてDone。
[PR]
by miholanta06 | 2006-06-08 23:02 | お菓子 | Trackback(1) | Comments(14)
トラックバックURL : http://miholanta6.exblog.jp/tb/2448439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from おいしい写真館<楽しいお.. at 2006-07-03 09:04
タイトル : ルバーブチーズパイ
一昨日の夜、友人が自宅で栽培しているルバーブを送ってくれた。 ルバーブ大好きな私だけど、こちらでは市販されていないので、育てるしかない。 しかし緑の指をもっていない私は過去ことごとく失敗。 そういうわけで、友人が毎年送ってくれるのを楽しみにしている。 今回は折りしもイングランド戦の日に届いたので、ルバーブパイでお祝いだ!と思い、すぐにお砂糖とレモン汁で煮た。 パイ生地も仕込んだ。 しかし結果は涙のPK負け… よってこれは涙のルバーブパイとなりました。 いつもはル...... more
Commented by smallcountry at 2006-06-08 23:12
おおおお!ルバーブ!!私も【食べられます】♪ って、お菓子として使うことが多いから当たり前か^^ 今ルバーブが旬なので、八百屋さんにかならず置いてあるんです。ヨーグルト屋さんにもこの時期、ルバーブのコンポートとかルバーブヨーグルトとかあったりして♪ 酸っぱくて、繊維質豊富で大好きです! トマトに引き続き、ルバーブについて何か書こうかな、と思っていたところなのでビックリの記事でした!!
Commented by nonshi at 2006-06-09 16:34
本当にかわいいピンク色!こんなかな?をはるかに超えたおいしさですね。出回った頃はごぼうくらいだったけど、たしかに最近見かけるものは、だんだん太くなってきてますね。そうそう、ずっしり重いの。それにしても、腕ほどの太さとは、巨大ルバーブなのかmiholantaさんの腕が細いのか。。。(きっと細いのだわ)
Commented at 2006-06-09 16:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miholanta06 at 2006-06-10 22:57
☆smallcountryさま☆
へぇ、ベルギーではどこでも置いてあるんですね、ヨーロッパではかなり市民権があるのかな?ちなみにヨーグルト屋さんってなに?アイスクリーム屋さんみたいにあるのかな?今回はルバーブの酸っぱさをチェックすることなくいきなりお砂糖で煮たのでいったいどんな酸っぱさなのか実のところ知りません。そのあたりは次回のお楽しみにいたしましょう。そちらでも記事Up楽しみにしていますよ。
Commented by miholanta06 at 2006-06-10 23:01
☆nonshiさま☆
そういってくださってうれしいです(ほっ)。買わなかったルバーブほんとに太くてね、私はセロリを食べないから「セロリみたいな・・・」という表現でもどんな太さが標準なのかわからなかったんですよ。
うちは骨太家族で腕もなかなかご立派よ。だからルバーブの太さは思いっきり想像していただいてOKです(笑)。
Commented by miholanta06 at 2006-06-10 23:02
☆鍵コメさま☆
あなたさまの「ひゃぁぁぁ」が聞けてうれしいです、あたくし。
Commented by smallcountry at 2006-06-11 04:43
再登場です^^
ヨーグルト屋さんはマルシェには必ずいて、自家製のヨーグルトを
瓶詰めで売ってるんです。ヨーグルトの瓶は返却すると15セント戻ってくるんです。ヨーグルトの他には卵を売ってます。なんか、書いていて
私ってどんな田舎に住んでるんだ!とちょっと悲しくなりつつ撤収です^^;

あ、ルバーブは何処にでもある野菜です♪ 食べるだけで、自分で買ったことないけど・・・^^;
Commented by もか at 2006-06-11 08:52 x
こんにちは~。
Miholantaさんはわずかの時間で手早くお菓子作りをされてるようで、いつも尊敬です!
ルバーブは林望さんのエッセーで読んだりしてずっと気になっているのですが、気の向く時には新鮮なものが見つからず、いまだに食べた事のない野菜(?)です。私ヨーグルトは食べれらないのですが、どんなものと食べたら相性がよいでしょうか。また教えてくださいね~。
Commented by pupusweetsbox at 2006-06-11 22:14
ルバーブ!!!
「亀屋万年堂」の“ナボナ”というブッセのようなお菓子があり、つい最近から季節限定で「ルバーブクリームのナボナ」が発売されているのです。ルバーブを知らない無知な私にはこの記事が事典となりました。
そういえばスーパーで見たことがあるきがします、赤セロリだとおもってました。
Commented by miholanta06 at 2006-06-14 13:44
☆smallcountryさま☆
ヨーグルト屋さんは「ある」のではなくて、「いる」のですね。ほぉ。おもしろい。自家製っていうとカスピ海ヨーグルトみたいなどろり~系かと想像しちゃうけど、売ってるみたいなしっかり固いのかしら?ビンって子供のころ食べてた手のひらサイズみたいなのあ?それとももっと大きいのかな?卵も俄然おいしそうですね。黄身なんてぷっくらぷりぷりかな。ん~いーでないですか、田舎。ルバーブ今度買ってみて。ジャキジャキ切って砂糖入れて火にかけるだけです。ほんとにそれだけですので。
Commented by miholanta06 at 2006-06-14 13:49
☆もかさま☆
手早くというか、あまり時間が取れないのでこういう簡単なものになってしまうんです。レシピに「生地を寝かせる」と書いてあるとがっくりくる(笑)。ま、その場合は前編、後編に分ければいいんだけどね。
林望さんの書くものはまったくもってなんでもおいしく思えますよね。私も彼のエッセイからクロテッドクリームやエルダーフラワープレッセに興味を持って味わってきましたよ、彼の地では。
私の今回作ったジャムはちょっと物足りない味なのでヨーグルトには私は入れてないのですが、マフィンに毎朝つけています。お肉類のソースにもなるようですよ、ルバーブは。
Commented by miholanta06 at 2006-06-14 13:52
☆pupuどの☆
あなたは新しいものから昔ながらのものまでほんと網羅してますね。亀屋万年堂ですって!ナボナですって。懐かしいじゃありませんか。それがルバーブ味ですって。やるなぁ、亀屋万年堂。さすがホームラン王。
確かに赤セロリって表現ピッタリですね、ルバーブ。ホンモノのセロリはダメだけど、赤セロリ、いけました(笑)。
Commented by witchery_yuko at 2006-06-18 21:00
私ルバーブ大好きなんですよ?もう~目の毒だわ~日本ではなぜか売っていないんだもの!売ってくれ~!
そして某所で見かけたmihoさんの器!
うわーいいないいなー。本当に素敵でした。
今は通帳がマイナス3万円なので買えないけど、いつかきっと!買わせてください!絶対!
Commented by miholanta06 at 2006-06-22 22:19
☆yukoさま☆
イギリスに行った人はみんなルバーブ好きなのかな?私も行って食べるまでは名前も聞いたことなかったと思う。それにしてもあの姿、誰が最初に食べたんでしょ?好奇心のあるひとがいたものですね。
そうそう、某所の某さん、写真がとっても上手でしょ、私もうれしくって!
さらにもしyukoさんのお菓子が乗る日が来たら私きっと鼻血もの。
それにしてもなぜにマイナス3万円?