作ったり読んだり飛んだり考えたり


by miholanta

プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

今夜もeat it
一日一膳
おいしい写真館
作りたGirlの★ビーズ...
本日の、のんし。
小国での日々 第6章
ほな、またね!
流木民
Kippis! from...
Rustique News
Aroma Relax

最新のコメント

☆mother-of-p..
by miholanta06 at 10:24
最高!! 今年の弥..
by mother-of-pearl at 15:21
☆smallcountr..
by miholanta06 at 02:00
こういう淡い色彩が、貴女..
by smallcountry at 00:55
☆mother of p..
by miholanta06 at 09:36
あ~、やっぱりまた行きた..
by mother-of-pearl at 20:48
☆smallcountr..
by miholanta06 at 10:53

ブログパーツ

カテゴリ

ひとりごと
プチショット
お菓子
うちごはん
手作り石けん
手作りパン
手作り
レシピ
外で見つけた
ダラス
アトランタ
ガラス

映画
旅行記
旅行記-フランス2013
旅行記-フランス2014
甥っ子
お知らせ/ご挨拶
etsy
日本 2014

ライフログ


ダカフェ日記


続 ダカフェ日記


上田義彦写真集 at Home


じいちゃんさま


うちの食卓 イタリア主婦のおいしい家庭料理


北イタリアの食卓 うちの食卓 Non solo italiano


A.R.Iのお菓子の提案―dailyマフィンとビスケット


Kippis! from Finland フィンランドの毎日の暮らし

タグ

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
海外生活

画像一覧

ムーランというもの

前回3kgのトマトソースを作って、あやうく挫折しかけた理由。
ザルでソースを漉す作業。
修行でした、後半は、完全に。
おいしいのが出来たけれど、次回はあるのか・・・。やる気も萎える忍耐仕事。
アレさえあれば、簡単に出来そうなのに。でもアレってあるのか、アメリカに。それに、アレってなんて名前だ?
f0032653_12224739.jpg

アレの名は「ムーラン」。通り名か、本名かわかりません。
英語では「Vegetable MillもしくはFood Mill」。とはいっても、シャープに切れるような刃がついているものではありません。
火を通した野菜やフルーツをピューレ、ソース、スープにするのに使うもの。Baby Foodにもいいですよ、と書いてあります。
NY旅行中にzo.chikaさんに教わりました。というか、旅行中にもかかわらず、わざわざnetで調べていただきました。お忙しいところ、感謝です。

旅行から帰り、やっぱアレ欲しいよなぁ」と自分でもNetで値段やらメーカーやらを調べている最中、お客様の予定があり、デザートにラズベリーパンナコッタを作ろうと冷凍ラズベリーをザルで漉している時に、「絶対アレ買う」と決意しました。漉す作業ってほんとに大変。もちろん、そのあとの滑らかさを思えば仕方ないんだけれど。

で、買いました。ふふふ。
で、さっそく使ってやろうと帰り道トレーダージョーズに寄って、ラズベリーパンナコッタの材料を買いました。もとい、買おうと思っていました。冷凍ラズベリーだから溶けるといけない。あとで、買い物の最後にカゴに入れようと思い、棚を通り過ぎて3歩で忘れました。案の定。にわとりのごとく。
家に着いて思い出し、後の祭り。生クリームは買ってあったのに。自分を信用するもんじゃありません。

なので初使用はRed Pepper Soupで。これもおもしろいようにするする漉せました。ただし写真はなし。というのも、3種類の刃(大中小)を付け替えながら全部試してもうそこらじゅう赤だらけで汚い状況だったので、カメラ持つ気にも、撮る気にもなりませんでした。
ブレンダーで漉すよりは少し粗めだけれど、でも簡便さからいったらこれはスグレものです。






で、あらためてラズベリーパンナコッタ。

今回はラズベリーを買い忘れてくることのないように、ちゃんとメモに書いて。
f0032653_2274553.jpg

またまた冷凍ものだったので、ムーランの上にごそっと置いて自然解凍。

んでもって、小の刃でぐるぐる。中の刃くらいでもよかったかも。実もちゃんと出てきたかな。小ではシロップだけで、実はヘラでこそぎとっていましたから。
それにしたって簡単簡単。へへへ。こりゃ、今後も活用されそうです。

f0032653_22101471.jpg
添えたチョコレートソースはミルクの中でチョコレートを溶かして、残っていたラズベリーを投入。風味のあるソースですが照りがない。なので、遠くにごまかし。

便利物ムーラン。この名をご存知でした?
[PR]
by miholanta06 | 2008-04-21 11:52 | お菓子 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://miholanta6.exblog.jp/tb/7891280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by miakittens at 2008-04-22 10:34
ラズベリーパンナコッタ、おいしそう♪
Vegetable Mill,すごく気になります!どこでご購入されたのでしょうか?Wiliam Sonomaとかで売ってそうな…。ネットのほうが安いのかしら?
Commented by piccolipassi at 2008-04-22 17:49
はじめまして!フィレンツェに住むPolidoroと申します。
少し前からお邪魔させて頂いております。
この漉し器、Passatuttoと呼ばれる、イタリアでは一家に一台、というくらいメジャーなものです。Passare(通す)、Tutto(全て)というそのままのネーミングなので、もしかしたら愛称なのかもしれませんが、普通に通じると思います。トマトソースを作るときにはかかせないものなので、普及率が高いのかな?優れものですよね。これ、ムーランというのですね、勉強になりました。
ちなみにこれ、分解したものを組み立てるの、一瞬悩みませんでしたか?組み立てが苦手なのは私だけ?
これからもブログ、楽しみにしております。宜しくお願いします♪
Commented by mirabelle at 2008-04-23 17:49 x
とってもお久しぶりです。乳製品が高騰・品薄で、最近お菓子作りにすっかりご無沙汰。。。です。

フランス語でのMoulinは「挽く」道具全般に使える言葉で、胡椒用のmoulinとか、コーヒー用のmoulinとか言います。果物のピュレ用はmoulin à légumes(野菜用)、文脈によってはmoulinだけでもOKかと。
ちなみに、ザルように、ただ漉すだけのものはpassoire(目が細かいものはchinois)です。

イタリア語ではpassare‐tuttoから作った言葉があるんですねえ。フランス語では深鍋をfait‐tout=faire(する)+tout(=すべて)といいます。何でfaireなのかは?ですが。
Commented by smallcountry at 2008-04-23 18:56
おぉ! やってますね♪ チェリーの「ぱっちん」に続き、新たな武器を
得たようですな ^^ 最近マフィンはいかがかしら? 私はさっぱりなのよ。。。
Commented by miholanta06 at 2008-04-25 12:14
☆miakittensさま☆
もしかしたらWilliams Sonomaにもあるかもしれませんね。私はSur la tableという別のキッチン用品屋さんで見つけました、最近アトランタに出来たので(CAとかNYにはあるようですが、そちらではどうでしょう?)私はAmazonでチェックしてて、値段は同じでした。でもメーカーはいろいろあるようなので、レビューを読み比べられたらいいと思います。とりあえず、私はコレで満足ですので、また今後も活用しようかと。やっぱり買ったら使わなくちゃね。
Commented by miholanta06 at 2008-04-25 12:24
☆Polidoroさま☆
はじめまして。こんにちは。コメントどうもありがとうございます。とてもうれしいです。英語がやっとこさっとこの私にはイタリア語はチャオで精一杯なので(笑)ほほぅと勉強になりました。日本でイタイア語を勉強している友人がいるので、今度クイズにしてみよう。・・・ってこの言葉を覚えられるのか私ってのがそもそも問題でした。
なるほどトマトソースの本場(?)だからイタリアでは普及しているんでしょうかね。私は「うちの食卓」さんの本を読むまで見たこともありませんでした。でもかなり便利そうなので、チェックを入れていたんですよ。
そうそう、箱から出したときは刃も取っ手もバラバラでね、ただ私は取説読む派なので、写真を見ながらふむふむと感心しながら組み立てましたのでいちおう大丈夫でした。ご心配どうもです。
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いします。
Commented by miholanta06 at 2008-04-25 12:33
☆miraさま☆
ごぶさたをしているあいだに、このたびはおめでとうございます。そちらであらためてお祝いを言わせていただきたいと思っています。

日本ではバターが手に入らないようですね。まったくヒドイ政策だ!ないと思うと作りたくなったりしませんか?(笑)

いつもmiraさんのお知恵を借りて、フランス語から歴史上の人物の勉強までさせていただいていますが、私はこのムーランというのは羽(水車とか風車とか)のことだと思っていました。ムーラン・ルージュとかで。「挽く」なんですね。「挽く」なら確かにmillか。私も胡椒のmoulinコーヒーのmoulin使っていますわ、普段から。ただ、野菜のというのは本で見るまで知らなかったんです。フランスでもどこのご家庭でもあるようなものなんでしょうかね。
フランス語のfaireの「する」って「do」のことですか?それとも「grind」の「する」ですか?言葉って奥深いです。
Commented by miholanta06 at 2008-04-25 12:38
☆smallcountryさま☆
これもかなり秘密兵器になりそうです。3kgだって怖くない!日本から戻ってきたらトマトソースまた作ってやろうと思っています。3度目の「ぱっちん」の夏もやがてやってくるわね。使ってやりますとも。
マフィンはね、実は私もちかごろさっぱり。というのも友人がおいしいパン屋さんを発見して、私もそちらに浮気中なもので。ま、それは普通のパンで、マフィンは自分の作るのが一番(自画自賛)なんですがね。
なので、そのうちまた発情するかと思われます。