作ったり読んだり飛んだり考えたり


by miholanta

プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

今夜もeat it
一日一膳
おいしい写真館
作りたGirlの★ビーズ...
本日の、のんし。
小国での日々 第6章
ほな、またね!
流木民
Kippis! from...
Rustique News
Aroma Relax

最新のコメント

☆mother-of-p..
by miholanta06 at 10:24
最高!! 今年の弥..
by mother-of-pearl at 15:21
☆smallcountr..
by miholanta06 at 02:00
こういう淡い色彩が、貴女..
by smallcountry at 00:55
☆mother of p..
by miholanta06 at 09:36
あ~、やっぱりまた行きた..
by mother-of-pearl at 20:48
☆smallcountr..
by miholanta06 at 10:53

ブログパーツ

カテゴリ

ひとりごと
プチショット
お菓子
うちごはん
手作り石けん
手作りパン
手作り
レシピ
外で見つけた
ダラス
アトランタ
ガラス

映画
旅行記
旅行記-フランス2013
旅行記-フランス2014
甥っ子
お知らせ/ご挨拶
etsy
日本 2014

ライフログ


ダカフェ日記


続 ダカフェ日記


上田義彦写真集 at Home


じいちゃんさま


うちの食卓 イタリア主婦のおいしい家庭料理


北イタリアの食卓 うちの食卓 Non solo italiano


A.R.Iのお菓子の提案―dailyマフィンとビスケット


Kippis! from Finland フィンランドの毎日の暮らし

タグ

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
海外生活

画像一覧

Key West~南の島に、夕陽は沈む編~

疲れた足を休めるため、ぼ~っと海を見ていただけでした。

なんとなく周りにも人が集まってきて、やっぱりみんな海見に来るよなぁ、なんてやっぱりぼ~っと海を見ていました。

さっき、乗り込み待ちの行列を見かけたグラスボート(船の底がガラスになっていて、海の中を泳ぐお魚ちゃんとかが見られるようになっている)が乗客満載で出帆していきます。
f0032653_4254925.jpg

あれは何用?機関銃搭載のアヤシげな船も前を横切ります。f0032653_4305891.jpg

右手の港からマストを高く掲げた船がどんどん出港していきます。f0032653_4345298.jpg
f0032653_4351192.jpg


それでもぼ~っと海を見ていました。

やがて子連れの外国人一家(英語&別語をしゃべっている)が私たちのとなりにやってきて、なんかくっついて狭苦しいナァと思ったら、アラ、いつの間に、こんな人!!

f0032653_4383145.jpg


そう、ここマロリースクエアは夕暮れになると、海に落ちる夕陽を見ようと人々が集まる広場だったのです。
西海岸に住む人にとっては、海に落ちる太陽なんて当たり前のことかもしれませんが、東サイドに住む私たちにとっては、まず見られない光景。バカボンの世界以外ではお日様は東から昇って西に落ちることになっていますから・・・。

特に夕陽を見ようとここに座っていたたわけではなかったけれど、左右をみまわすと、あらここはもしかして最大の特等席!明け渡すのも惜しいわとそのまま待つことにしました。
でもすでにぼ~っの時間は1時間を越えており、おしりも少々、いえかなり痛い。立ったり座ったり挙動不審。自分の意志で座っているときはよかったけれど、夕陽が落ちるまでと時間が決められたとたん時のたつのが長く感じます。

そんな退屈な思いを知ってか知らずか、お客様が、目の前に。
f0032653_4475827.jpg

この写真アップにしているわけではないんです。本当に目の前50cmのところにばさばさっと舞い降り、まわりにいた人の注目度100%(みんな飽きてたようです、待ち時間に)。
となりの子供が「さわりた~い」と騒いでいたけれど、お母さんに止められていました。
しばらく、この子供ペリカン(毛がふわふわやわらかい感じでした)このままたたずんでいましたが、やがてまた、ばさっばさっと翼を広げて水上すれすれを低空飛行で去っていきました。

f0032653_45467.jpg

        こんな落ちかけた日にみんなの顔もまっかっか~。

f0032653_4553430.jpg

人が集まるところに大道芸人あり。高い一輪車に乗ったおやっさん、火のついたこん棒でジャグリング。腕とシャベリで笑いをとっています。

f0032653_458597.jpg

    大道芸も幕を閉じ、いよいよみんなの目が海の一点に集中し始めます。

f0032653_459145.jpg
f0032653_4593963.jpg


f0032653_4595537.jpg




     太陽が海にくっついた瞬間
f0032653_501137.jpg

f0032653_51117.jpg
f0032653_51553.jpg

太陽が消え入りそうな瞬間、この右の船が私たちの視界をさえぎりました。もう、もう、岸からはブーイングの嵐(笑)。
おかげで(?)夕陽が消え去る瞬間はちゃんと見ることが出来ました。
f0032653_521667.jpg




このあとみんなから拍手がわきおこりました。

大自然よ、感動をありがとうっです!
[PR]
by miholanta06 | 2006-02-28 04:31 | 旅行記 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://miholanta6.exblog.jp/tb/994486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kippis at 2006-02-28 11:02
miholantaさん、こんなキレイな所へ逃亡中だったのですね!
なんともキレイですわ~~♪
人盛りまで出来てお祭りのようですね^-^
下の夕日は「現代版花札?」って程、美しいですね♪驚きです☆
Commented by pupusweetsbox at 2006-02-28 11:53
パチパチパチパチィ~!
大人も子供もみーんなの心を惹きつけられる“自然”ってホント凄いですね。
miholanta様、感動をありがとうっです!
Commented by nonshi at 2006-02-28 13:41
そうですよね、海に落ちる夕日、そういえば当たり前に思ってたかもしれない。でもね、何枚もドキュメントで見られて、やっぱいよいな~、きれいなものだな~と再確認!空の色も刻々と変わりますよね。そうか、こんな風に変わるのかぁと、また再確認!どの色も選びようがないくらい、とっても好き。見知らぬみんなと感動を共有できて、ますます感動的だったのではないかと思うのですけど、いかがでしょう?
私も・・・、感動をありがとう!
Commented by miholanta06 at 2006-02-28 13:50
☆kippisさん☆
そうそう、私も花札だぁって思いましたよ(笑)。共通点。ちなみにバカボンの歌はご存知?知らなかったらママに聞いてね、ママに。
Commented by miholanta06 at 2006-02-28 13:54
☆pupuどの☆
船に向かってブーイングが起こったときには(もちろん、一緒にブーインブしたけれど)なんかその一体感に笑ってしまいました。自然を愛でる気持ちを見知らぬ人たちと共有できたのがうれしかったかな。
Commented by kippis at 2006-02-28 13:57
ふふふっ!
♪東から昇ったお日様が西へしず~む~♪これでいいのだ~これでいいのだ~天才バカボンバカボンボン♪でしたっけ?!ばっちりバカボンファンでしたよん^-^
Commented by miholanta06 at 2006-02-28 13:58
☆nonshiさま☆
身近にあると忘れがちなPrescious timeでしょうか、海に落ちる太陽。ほんとにねぇ、もう立錐の余地も無いとはこのことだというくらい人がぎっちりで、私たちは最前列に陣取れちゃってラッキーでした。
おっしゃるとおり、大勢で共有できたことがさらにうれしかった大きな大きな大きな贈り物でした。
Commented by miholanta06 at 2006-02-28 14:01
☆kippisさま☆
ふふふっ!
それじゃ、フツーですわよ。バカボンの世界では♪西から昇ったお日様が東へしず~む~♪んですわ。でも知っててうれしい!共通点。
Commented by witchery_yuko at 2006-02-28 15:07
わ~すごい!!感激です。私、太平洋側なので海に沈む夕日は見られないのです。
こんな素敵な写真!ああ~もう興奮で何書いてるか分かりません。
夕日を見ている人々が、船にブーイングってのにも大笑いですね。船の人、あせったかも?いや聞こえてないか…
太陽の光はまっすぐに(広がらないで)進むと言う理科で習ったことを思い出しました。
Commented by smallcountry at 2006-03-01 01:53
すごい夕日ですね♪
わたし、夕日をみるのが異様に好きなので、たまらない写真ばかりです。
夕日が落ちる前~完全に見えなくなって数分間の夕焼けは
とってもキレイですよね。あ~、「生」夕焼けみたい!!
Commented by miholanta06 at 2006-03-01 13:42
☆yukoさま☆
確かになかなかお日様が海に落ちるところなんて普段見ないですよね、青春ドラマじゃあるまいし(笑)。私もいいものが見られました。
船の人ね、多分聞こえたんじゃないかな、そーとー大きなブーイングだったもので。向こうにしてみれば、わけわかんなかったかも。でも岸の人たちにとっては一大事だったから。なんのためにここまで待ったんじゃ~ってね。
Commented by miholanta06 at 2006-03-01 13:53
☆smallcountryさま☆
家の子に夕陽を見てもらえてよかったわ。生夕焼け、早く見られますように。毎日起こっていることなのにとても貴重なものを見せてもらった気がしました。おっきな空とおっきな海とおっきな太陽に。これってもしかしてすっごく贅沢?!
Commented by vvmikivvjazzvv at 2006-03-01 19:57
うわああああああああああああああああ!
き、き、きれい!
サンセットがピンク!イイナー・・・。
ほんっと、いいもの見せてもらってありがとう♪
寒い体が癒されました^ー^
Commented by mirabelle at 2006-03-01 20:59 x
前回に引き続き、きれいな写真、目の保養になりました。
海に沈む夕日、随分見てませんねえ・・・。ちょっと会社から走って海に行こうかな(湾になっているから、どこまで走ればいいのやら)。
ペリカン君、どことなく内向的で哲学的な面差ですね。この距離で逃げないとは、結構人なれしているのかも。
Commented by miholanta06 at 2006-03-01 22:11
☆mikiさま☆
mikiさんのあったかい絵に毎回心をあっためてもらっている私ですが、この旅では体の表面もすっかりあったまっちゃいました。夕陽をここで、みなさんとも共有できてよかった。
Commented by miholanta06 at 2006-03-01 22:15
☆miraさま☆
お~、会社からひとっぱしりで海ですか。青春ですね(?)
ペリちゃんね、飛び疲れて休もうと思ったら、岸が人だらけだったので、しょうがなく降り立ったではないかな?ほんとに、私の目の前だったもので、びっくり&感激。鳥好きの連れも写メールばしばししてました。