作ったり読んだり飛んだり考えたり


by miholanta

プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

今夜もeat it
一日一膳
おいしい写真館
作りたGirlの★ビーズ...
本日の、のんし。
小国での日々 第6章
ほな、またね!
流木民
Kippis! from...
Rustique News
Aroma Relax

最新のコメント

☆mother-of-p..
by miholanta06 at 10:24
最高!! 今年の弥..
by mother-of-pearl at 15:21
☆smallcountr..
by miholanta06 at 02:00
こういう淡い色彩が、貴女..
by smallcountry at 00:55
☆mother of p..
by miholanta06 at 09:36
あ~、やっぱりまた行きた..
by mother-of-pearl at 20:48
☆smallcountr..
by miholanta06 at 10:53

ブログパーツ

カテゴリ

ひとりごと
プチショット
お菓子
うちごはん
手作り石けん
手作りパン
手作り
レシピ
外で見つけた
ダラス
アトランタ
ガラス

映画
旅行記
旅行記-フランス2013
旅行記-フランス2014
甥っ子
お知らせ/ご挨拶
etsy
日本 2014

ライフログ


ダカフェ日記


続 ダカフェ日記


上田義彦写真集 at Home


じいちゃんさま


うちの食卓 イタリア主婦のおいしい家庭料理


北イタリアの食卓 うちの食卓 Non solo italiano


A.R.Iのお菓子の提案―dailyマフィンとビスケット


Kippis! from Finland フィンランドの毎日の暮らし

タグ

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
海外生活

画像一覧

カテゴリ:お菓子( 87 )

チョコレートカップケーキ

個人的にチョコレート菓子は夏のものではないという思い込みがあったので、お友達が手製のチョコレートカップケーキを持ってきてくれた時には心の中で「なぜ、今、コレ…」と密かにがっかりしたのだけれど(もう一品は生クリームタップリのロールケーキで、そちらは目も心も喜んだのだが)、食べてビックリ、素直に美味しい。しっかり濃厚なのに暑苦しくないというか、そもそも私の夏≠チョコレートのイメージはコレなんだな、チョコレートは暑苦しい。いやいや、チョコレート単体では夏も少し冷やして(でないとダラスの気候では室温でトリュフなど流れ出す状況だから)食してはいるのだけれど、あえてのチョコレート菓子っていうのはね。なんかね、重たい、みたいな。

その思い込みをあっさり覆してくれたお友達のカップケーキ。
早速レシピを教わり自分でも作ってみた。
f0032653_153336.jpg


庭のミントを飾ると可愛いだけでなく口の中でミントの爽やかさと濃厚なチョコレートが相まってなんとも気持ちの良いマリアージュを醸し出す。

ん〜、思い込み恐るべし。
お友達、新鮮な味をありがとう。
[PR]
by miholanta06 | 2015-07-13 02:11 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

ティラミス取り放題

確かに。
デッカク作って取り分けて食べるタイプにすると、食べちゃいますねぇ、食べちゃえますねぇ、好きなだけ。

枝元なほみさんの『禁断のレシピ』のティラミス。
軽さがヤバイです。ほんとに、あれ?っと思ってると食べてます。
f0032653_1244876.jpg


ウマイです。
ヤバイです。
[PR]
by miholanta06 | 2015-04-06 01:27 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

お茶の時間

すごーく久しぶりにシフォンケーキを焼いてみた。簡単だからね、すぐ出来る。

卵白を泡立てるとき、ミキサーの力だけでやっていたものを、持つ手も回し、
押さえる左手でボウルも反対方向に回すというトリプル回転で、
あっという間に肌理の細かいメレンゲが出来上がる。

ちょっとしたヒントが違いを生むんだな。ナカシマシホさんのコツでした。

f0032653_11213582.jpg


フランスで購入した器で飲むフランスの紅茶との相性もピッタリでした。
[PR]
by miholanta06 | 2015-02-07 11:31 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

虎屋の黒糖羊羹

ずっしり重いこの羊羹 from Japan.

虎屋の黒糖羊羹。切り口の肌理の詰まった黒々さの美しいこと!沖縄は西表島の黒糖を使っているそうだ。口に入れると黒糖をそのままを含んだよう。
f0032653_714397.jpg


黒糖といえば祖父を思い出す。
ずっとずっと昔、沖縄旅行のお土産だと言って大きな黒板のような黒糖の塊を持ってきてくれたのを覚えている。たくさんあるのにちびちびなめたっけなぁ・・・。
[PR]
by miholanta06 | 2015-02-02 07:03 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

シフォンと仲間たち

どうもメレンゲのコツをつかんだような気がする。
前回から膨らみ方が著しい。ふふふ。
f0032653_9533317.jpg
今回は抹茶を小さじ1.5加えてみる。冷やすと抹茶の味が冴えてくる。いいねぇ。

手前のあんこパイは、作らなくてもよかったなという味だったね。ただ単にこのつぶ餡が自分の好みじゃなかっただけではない気がする。

4度目のウェルシュクッキーはホットプレートで焼いてみたけれど、コレもなかなか温度調節が難しかった。
もう一度やらねば。
その前に均一にする5mm棒が欲しいところ。

でも最近欲しいキッチングッズがなかったから、こういう小さいものでも次のターゲットがあるというのはなかなかうれしいぞ。
[PR]
by miholanta06 | 2014-04-09 09:57 | お菓子 | Trackback | Comments(2)

sugar plum

sugar plumを見つけたよ。
f0032653_10514613.jpg
焼いてみた。
[PR]
by miholanta06 | 2014-02-27 10:51 | お菓子 | Trackback | Comments(2)

ロールケーキなど

真剣にお菓子を焼いてみようでパウンドケーキというのもなんなので、2日にわたるロールケーキ作戦にとりかかった週末。クリームを寝かせるので一日おくというのでね。

あたためた生クリームでホワイトチョコレートを溶かして中のホイップクリームを作るというもの。
スポンジはアメリカンな大きさの天板だから薄くなるのは必然(でもおそらく巻きやすいのでは)。
クリームも塗る面積が大きくなるに比例してかなりうす~く伸ばすことに。いまどきのクリームたっぷりロールケーキの対極を行くってなものです。

f0032653_1034126.jpg


手であわ立てたメレンゲのせいですか、ずいぶんと肌理の粗い生地になってしまいました。
が、味は美味しいんではないかと。モードがさめないうちにもう一度くらいやってみたいですね。
もうちょっとクリーム大目に作って、生地ももう少し上手に出来たらいいですな。

とりあえず自己満足の範疇には入るかと。よしよし。
[PR]
by miholanta06 | 2014-02-19 10:36 | お菓子 | Trackback | Comments(2)

焼き菓子など

ゆっくり時間のあった週末だったから、To Do Listのバスルームの掃除を終えて、材料を買いに出かけたら、久しぶりにお菓子の型を使ってみた。膨らみがいまいちだし、型からはずすときの乱暴狼藉で真っ二つに割れてしまったけれど、反省しつつも、ま、いっか。Kindleで購入した瀬尾まいこの『図書館の神様』の後半で主人公が真剣にケーキを焼くシーンでそれだけを考えながら作れば上手に出来るとあったところが気になって(筋とはまったく関係ないのだけれど)とにかく週末はお菓子を焼いて見ようという気になっていたから。
f0032653_8163224.jpg


それにしても電子書籍の充実度は数年前に比べてよくなったと思う。もちろん本は紙で読むのが前提だけど、軽いもの、短いものは電子書籍もOKだと思い始めた。ジムに行ってトレッドミルでウォーキングをしながらiPadを指でタッチしてページをめくれるのはけっこう便利。前に戻ってどこかで誰かがなんと言ってたっっけなぁとか考えなくてすむような物語だったら、これはこれでありだと思う。

この本の中で文学嫌いの国語教師の主人公が生徒に書かせた詩を読んで「知っている人が書いた言葉はちゃんと心に響く」と気づくシーンがあって印象的だった。手紙やメールやLINEで書く言葉なんかはさらにその人だけに宛てたものだから、もっと心に響いてしまうはず。手軽になった分、いっそう気をつけて丁寧に書かないといけないな、とこれまた筋に直接触れるところではないところで反応してしまった。

本の読み方は人それぞれ。知る楽しみだけでなく、知らない世界に連れて行ってくれるだけでなく、自分と同じとうなずくだけでなく、作家の手を離れたらお好きにどうぞ、なところもいいところ。
[PR]
by miholanta06 | 2014-02-18 08:31 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

手軽にクローナッツ

ずいぶん前から気になりつつも、行く機会と時間に恵まれず、いまだ未体験のクローナッツ(Cronuts)。クロワッサンの生地をドーナツのように揚げてグレーズしてあるものです。ニューヨークのとあるベーカリー発祥のそれは聞いただけで想像力をかきたてられるものの模様。私好みに違いない、美味しいに違いないと。この情報をGetしたあとNYに行く機会はありましたが、早朝から並ばないといけないらしく、時間的に間に合わなかったのですなぁ。そう、あれは去年の6月のこと。

早半年がたって、まさか近所のスーパーで手にすることが出来るとは!

こちら
f0032653_756745.jpg


もちろんNY本店のものなんかではなくく、スーパーブランドなんですけど、なんか感じはつかめるかなと。
そして・・・美味しいっす。5cmの厚さのクロワッサン生地は重すぎず軽すぎず、クリスピークリームの出来立てのようなたよりない(いい意味で)生地よりしっかり食べ応えあり、生地の甘さは控えめでシュガーグレーズがいい味だしてる。これはこれで十分いけますなぁ。

ちょっと忘れていたけれど、あたたかくなったらNYに出かけてオリジナルのクローナッツを食べなくちゃ!と決意を新たにした次第。うふっ。
[PR]
by miholanta06 | 2014-02-17 08:02 | お菓子 | Trackback | Comments(0)

みんなでおやつ再び

手が慣れているうちにもう一度。
今回はくるみの代わりにピーカンで。
うん、このタイプのクッキーはピーカンのほうが好みだな。

f0032653_619357.jpg


混ぜ込むココアがホットチョコレートパウダーなので最初から甘みがあるのだけれど、レシピより少なめに粉糖を加えた今回のほうがよい味でした。
しっかり油を粉に混ぜ込むこととか、ちょっとしたレシピの注意で食感もよくなったような。


本日の家の始末(壁に絵)f0032653_62627100.jpg
[PR]
by miholanta06 | 2014-02-04 06:27 | お菓子 | Trackback | Comments(0)