作ったり読んだり飛んだり考えたり


by miholanta

プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

今夜もeat it
一日一膳
おいしい写真館
作りたGirlの★ビーズ...
本日の、のんし。
小国での日々 第6章
ほな、またね!
流木民
Kippis! from...
Rustique News
Aroma Relax

最新のコメント

☆mother-of-p..
by miholanta06 at 10:24
最高!! 今年の弥..
by mother-of-pearl at 15:21
☆smallcountr..
by miholanta06 at 02:00
こういう淡い色彩が、貴女..
by smallcountry at 00:55
☆mother of p..
by miholanta06 at 09:36
あ~、やっぱりまた行きた..
by mother-of-pearl at 20:48
☆smallcountr..
by miholanta06 at 10:53

ブログパーツ

カテゴリ

ひとりごと
プチショット
お菓子
うちごはん
手作り石けん
手作りパン
手作り
レシピ
外で見つけた
ダラス
アトランタ
ガラス

映画
旅行記
旅行記-フランス2013
旅行記-フランス2014
甥っ子
お知らせ/ご挨拶
etsy
日本 2014

ライフログ


ダカフェ日記


続 ダカフェ日記


上田義彦写真集 at Home


じいちゃんさま


うちの食卓 イタリア主婦のおいしい家庭料理


北イタリアの食卓 うちの食卓 Non solo italiano


A.R.Iのお菓子の提案―dailyマフィンとビスケット


Kippis! from Finland フィンランドの毎日の暮らし

タグ

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
海外生活

画像一覧

カテゴリ:お菓子( 87 )

デザートプレート 2/6(月)

お友達のバースデーをパスタ屋さんでお祝いしたあと、うちに来てもらい、ひとしきりアフターランチ・ティータイム。

久しぶりのお茶のひと時、喜んでもらえるように&喜んでもらうことで私もうれしくなるように、昨夜カシャカシャ、ボウルとハンドミキサーを使いまくりました。

結果
f0032653_114102.jpg


・いちごのムース ~いちごソース&3種のベリーをのせて~
・パンプキンチーズケーキ
・オレンジのコンフィ
・レモンのカトルカール

お茶: 黒蜜ときなこフレーバー緑茶(Byレピシエ)

お茶は友人が持ってきてくれました。封を切ると昔懐かしい黒飴のにおい。不思議~な感じ。
オレンジコンフィとよく合いました。

パンプキンチーズケーキは金曜日のお客様への残り物(ホホホ・・・)

カトルカールは思い切り焼きすぎです。オーブンがピーっとなったとき、上側がまだ真っ白だったので、もうちょっとと気を許したら側面はすっかり色づいておりました。大失敗!

・・・にもかかわらず、喜んでくれた友人殿、感謝です。
次回はきれいなレモン色の薔薇をお出し出来るよう精進いたします。
[PR]
by miholanta06 | 2006-02-06 09:36 | お菓子 | Trackback | Comments(18)

スローフード 1/31(火)

1週間かけて作るものになんて全然興味ないっ!って思っていたのになぜか手を出してしまった・・・。
だってBlood Orangeが安かったから・・・。

お菓子のレシピ&バスク地方の紹介をしているマテスク里佐さんの本でキレイな写真をおいしそ~と思っていたところ、彼女のブログでもまたまた紹介されていたので、つい手が出てしまいました。

オレンジを洗って、針で穴をあけて、茹でて、水に浸して、切って、砂糖で煮て、冷まして、更に煮て・・・と書いていると気が遠くなりそうですが、それぞれ手をかける部分はけっこう短くて、水やシロップにつけこんでいる時間だけが36時間とか48時間という時間になるだけ。
寒いベランダに放置すればいいだけだったので、場所もとらず、出来てみたら、あら、これいいかもだったので満足です。
f0032653_2302765.jpg
1.茹でて、水につけたあと、半分は輪切りに、半分はくし型に切って、90%分量の砂糖で10分煮ているところ。(ちゃんとこのあとアクはとりました)

f0032653_2305843.jpg
2.36時間シロップにつけこんだあと、レモン汁を加えてさらに35分煮ているところ。(皮の部分の色が違ってきているのがわかります)ルビー色のシロップが美しいです。

f0032653_22384393.jpg

3.出来上がり。くし型は2回目に煮ているときにすでにシロップがほとんどなくなってしまったので、もうそのままで。輪切りの方はいちおうレシピとおりに、シロップだけを沸騰させてその中にオレンジを戻し入れて冷ますというのを1回やりましたが、あまり変化はなく。シロップはもうとろっとしているからま、いいかといったところ。

f0032653_22411128.jpg

ためしに食べてみると苦味のあるオレンジのいい甘さ。これだけでも食べられちゃいます。朝、ホエーのマフィンと一緒に食べるのもなかなかよかったです。

日曜日に買って来たオレンジ、完成品がビン詰めされたのが金曜日の朝。私にとって初めてのスローフードでございました。

作るときに作者の里佐さんに「マーマレードとコンフィどちらを作るか迷っているんですがどちらがお奨めですか?」とむずかしい質問をしてしまったのですが(笑)焼き菓子を作ることが多いようなので、コンフィの方が使い道が多いのでは?とお答えをいただき、迷わずコンフィに挑戦しました。よかったです。(もともとこちらの方に興味があったのですね、わたし)

それにしてもブログって、こんな、本を書いている方に直接質問ができちゃったりしてとっても便利をまた実感してしまいました。
里佐さま、おいしいものをありがとうございました。
[PR]
by miholanta06 | 2006-01-31 08:24 | お菓子 | Trackback(1) | Comments(14)

ココアパウンド 特別編 1/23(月)

うちにココアがたくさんあります。
よく飲むのでついつい・・・というのではなくて、次々帰国していく友人からの置き土産です。ココアって一缶買ってもなかなか減らないですからねぇ。
うちには3缶あるのです。
なんだかおいしそうなココアの銘柄を紹介されてから気になるものの、これを消費し切るまでは我慢です。

なので、ココア消費レシピを模索中。

今日はその一環としてココアのパウンドケーキを焼きました。
プレーンなものにココアを加えただけ・・・・
f0032653_1291747.jpg
・・・にしては見た目が汚いですよね。

そう、これはもう一つのものの消費作戦もかねていたのです。
手前に見えるはメレンゲクッキー。絞り出したわけではないので、形はブサイクですが、メレンゲと砂糖をあわせて焼いたものです(チョコチップ入り)。

これが甘いのなんのって!
知り合いのアメリカ人からもらったレシピだったのですが、少々減らして砂糖は加えたはずでしたが、かなり減らすべきでした。うわっ甘っです。
困りました。ものすごくたくさん出来たので。
この間イチゴショートの飾り付けに上に乗せてみたら水分でしょわしょわになってしまい、歯にくっつくただのやっかいものになりさがっただけでした。

もう、ずいぶん長いことキッチンカウンターの上にいらっしゃるこのメレンゲクッキーをどうするべきか・・・。
ということで、この「ココア&メレンゲクッキー消費作戦」となったわけです。
ココア生地の砂糖を減らして、かわりにメレンゲクッキーを生地に混ぜ込む。マシュマロッぽいコクを出すのでは?プレーン生地にはなんだけれど、ココア生地にはなんかいいんではないかな?と。

結果、まる。
生地の甘さもOK。溶けたメレンゲ部分とちょびっとチョコチップも味に変化を与えてくれてOK。クッキーの混ぜ込み方がいまいちだけれど、次回はちゃんと並べて入れればいいわけだし、ココアをもう少し増やしても大丈夫そう。
作戦成功。
メレンゲクッキーにさよならし切るまでこの作戦続くはずです・・・。
でもココアにさよなら出来るのはいったいいつ・・・?
[PR]
by miholanta06 | 2006-01-23 22:01 | お菓子 | Trackback | Comments(12)

ホエーのマフィン 改良版(調子に乗ってます) 1/21(土)

これはですねぇ、毎朝食に食べるマフィンなので、ヘルシー志向(?)で行ってみようと思ったわけでした。

水切りヨーグルトを作る際に出来るたくさんのホエー(乳清・・・日本語になおしたところで、意味のわからない言葉ではありますが)を使っているので、なんとなくもともとヘルシーっぽいのですが、このマフィン、粉から替えてみました。

・薄力粉→全粒粉

しかもこの粉、自分で挽いたものなのです、とはいっても、もちろん、石臼でごろごろなんてわけはなく、スーパーマーケットの一角にコーヒー豆を挽く機械と同じように、下に袋を差し入れてボタンを押せば好きなだけガーッと挽かれてでてくるのです。
ま、袖口はちょっと色白になりましたが、自分でやったんだもんとちょっと得意気分。

・グラニュー糖→ブラウンシュガー
これってヘルシーなんでしょうか?どなたかご存知だったら教えてください。

・砂糖の量→半分
ジャムをつけて食べたいので、生地に甘さはあまりなくてもいいのです。

そんなこんなで出来たマフィンは焼き上がりの色味はそれまでのものより、健康的は小麦色(まさに小麦色!)くるみを入れてもよかったかな?とも思いましたが、そうすると、またカロリーが増えるわけで、どうかな?どうなのかな?次はどうなるのかな?
f0032653_23562091.jpg

マフィン型12個分プラスハート型1個。
陶器のハート型、ちゃんとバター+粉をしなかったので、はずれなくなってしまいました。
(一口食べてから撮ったのがバレバレ)

全粒粉のプチプチがよろしい、普段食のマフィンの出来上がり。
[PR]
by miholanta06 | 2006-01-21 09:11 | お菓子 | Trackback | Comments(10)

キャラメルケーキ改良版 1/20(金)

本で見て、作って、気に入って、何度も作って、何度も美味しく食べて、でも、なにか、どこか、いまいち、あ~なにかがちょっと、こう、なんていうのかなぁ、違うというか、食感がもっと、こう、固いというか、肌理が粗いというか、う・・・ん・・・・・
(陶芸家だったらここで作品を割っているところ?)

と、かなり微妙に微妙な違和感を感じていたケーキ。
ちょっと手間を加えて作ってみたら・・・

お~、これだっ!私の求めていたのは!
答えを知らなかったのに正解してしまったといった感じです。
f0032653_23275417.jpg

見た目ではわからないですね。薔薇型はかわいいけれど。

砂糖、バターの量を自分の作りやすい量にしたこともありますが、手間というのは、卵を入れる時に、卵黄と卵白とに分けて、卵白を別にメレンゲにして最後に加えたということなのです。
ボウルを余計に1つ使うだけで、ハンドミキサーも先にメレンゲを作ってから、そのまま生地のバター混ぜ混ぜをしたので洗う手間も一緒。
かさも増えたので前回は薔薇型10個分にしかならなかったのに、今回は12個分出来ました。

普段は料理もお菓子もレシピ通りで、アレンジのきかない私ですが、今回のはなんというのでしょうねぇ。オリジナルとはいえないし、やっぱり、アレンジ、改良版ってところが身の程知ったりというところでしょうか。
とにかく正解(私にとっては)。生地がオリジナルよりふうわりして、いい食感です。

めでたしめでたし。
[PR]
by miholanta06 | 2006-01-20 09:18 | お菓子 | Trackback | Comments(18)

なんじゃこりゃ?と言わないでっ! 1/14(土)

先日友達にもらったお庭ライムを実も皮も使おうと考えて、いろいろヒントもいただいて、結局ライムメレンゲパイを作ることにしました(yukoさま、アドバイス感謝)
飲める人からはカクテルに・・・とも言われましたが、お酒がダメな私にはやっぱりお菓子にするのが一番うれしいので。

が・・・しかし・・・道のりは遠かった・・・。

下のタルト生地を作って寝かせ、広げて寝かせ、ライムフィリングを作るのに牛乳を買いに行き、・・・ま、その辺はたいしたことはないのですが、実際フィリングを作って焼いてみたらどうにも、ゆるゆる。少し冷めたあとで型を手で持ったらメレンゲの下のフィリングがまだタプタプいっています。しかも完全に冷める前にラップをしてしまったので、メレンゲが汗をかいています。

むむむ、どうするか、このまま気づかなかったことにして冷蔵庫に入れるか、はたまた無謀にも再度オーブンに入れるか、むむむ・・・。
結局オーブンの設定温度を低くして、これ以上メレンゲに焼き色をつけず(それにしたってすでにつきすぎっ!)中にだけ火を通すことにしました。
f0032653_2314234.jpg


出来上がったパイはいちおうフィリングもかたまり、結果オーライ・・・かな?

味は甘みもけっこうあるけれど、酸味が効いていてなかなかよかでした。
見た目は無視してライムをくれた友人におすそ分けしてきたいと思います。



・・・おこがましいんですが・・・
ライムパイ見ながら食べながら、大学時代によく行ったアンナミラーズを思い出しました。なんかこういうの食べてた気がする・・・って。あそこの一切れが大きいからそれでもカロリー少なそうなレモンパイとか食べてたのかなぁ。遠い昔過ぎてはっきり思い出せないけど。
[PR]
by miholanta06 | 2006-01-14 08:44 | お菓子 | Trackback | Comments(8)

シナボン 1/11(水)

手作りじゃないけれど・・・。
f0032653_2322076.jpg
缶に生地が入っていて、あけて、切り分けて焼けばいいだけ。しかもアイシングつき。
うちのオーブンは焼き時間を長めにしないとうまくいかないのですが、今回は指定時間で焼けすぎちゃいました。オーブンが設定温度になる前から入れちゃっていたからかな?
もう少し生地は白めで焼き上がりのはずでした。

アイシングも熱いうちに乗せると自然と溶けて来ていい感じ。乗せすぎなければ自分で甘さも調整できるし。

焼きすぎたせいで表面はちょっとけっこう固かったけれど、久しぶりのシナボン、おいしかったです。
[PR]
by miholanta06 | 2006-01-11 09:16 | お菓子 | Trackback | Comments(6)