作ったり読んだり飛んだり考えたり


by miholanta

プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

今夜もeat it
一日一膳
おいしい写真館
作りたGirlの★ビーズ...
本日の、のんし。
小国での日々 第6章
ほな、またね!
流木民
Kippis! from...
Rustique News
Aroma Relax

最新のコメント

☆mother-of-p..
by miholanta06 at 10:24
最高!! 今年の弥..
by mother-of-pearl at 15:21
☆smallcountr..
by miholanta06 at 02:00
こういう淡い色彩が、貴女..
by smallcountry at 00:55
☆mother of p..
by miholanta06 at 09:36
あ~、やっぱりまた行きた..
by mother-of-pearl at 20:48
☆smallcountr..
by miholanta06 at 10:53

ブログパーツ

カテゴリ

ひとりごと
プチショット
お菓子
うちごはん
手作り石けん
手作りパン
手作り
レシピ
外で見つけた
ダラス
アトランタ
ガラス

映画
旅行記
旅行記-フランス2013
旅行記-フランス2014
甥っ子
お知らせ/ご挨拶
etsy
日本 2014

ライフログ


ダカフェ日記


続 ダカフェ日記


上田義彦写真集 at Home


じいちゃんさま


うちの食卓 イタリア主婦のおいしい家庭料理


北イタリアの食卓 うちの食卓 Non solo italiano


A.R.Iのお菓子の提案―dailyマフィンとビスケット


Kippis! from Finland フィンランドの毎日の暮らし

タグ

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
海外生活

画像一覧

<   2006年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

もらっちゃった!

願えば通ず、なのでしょうか。

いただいちゃいましたよ、コレ。f0032653_2261058.jpgf0032653_2263274.jpg
綺麗な包みをびりびり破き、中の箱を開けたら、なにやら金属光りするものが。
「?」と思った瞬間「これってあれだっ」

買い物リスト、探すものリストの一番手にあがっていた、これぞ、チェリー種取り器(チェリーストレイナー)。おぉ・・・・これですか・・・。

いそいそと、そそくさと、バンドをはずし、かちゃかちゃと。作りはいたって単純なのですね。
さっそく試してみたくても、都合よくチェリーは手元になくて。
でも、タグをよくみると「Cherry/Olive用」とありますよ!

おぉ、オリーブなら冷蔵庫に残っているぞ。しかも普段は種を抜いたものを買うのに今回は種つきのを買ってあったぞ。

あわててお試し。
f0032653_22133924.jpg

こんな感じ。オリーブはわりと固かったので、最初のなんて、ピンっとお皿ではずんでまたぎこしていきました。形もくずれちゃった。でも感じはつかめました。

これはもう、週末はチェリーを買いにいかないと。
前回のように安いといいんだけれど。
でも安くなっていなくても買ってしまうでしょう、絶対に。

kちゃんありがとう。思ってもみないプレゼントでした。
でもぴったし的を得てて、くすぐったくも、むふふ、うれしい。
ふふふ。使い心地は後日ご報告。
お礼も考えています。
待っててね。

さらに妹からもぐにゃぐにゃしたデカイ包みが同日に届きました。
こちらはコレ。
f0032653_22553753.jpg
fogの濃紺のリネンのバスケット。外に連れ出す?素敵な何かを入れておうちに飾る? 「色落ちにご注意ください」と書いてあるけれど、どうご注意すればいいんだ?

カードには色鮮やかな「線路」の「絵」By甥っ子です。
そして、母がなぞった甥っ子の手形つき。
なんだかにぎやかです。

思いがけなく2つの包みを受け取った金曜日。
1週間の疲れも吹っ飛ぶというものです。

ありがとね。
[PR]
by miholanta06 | 2006-07-29 22:39 | プチショット | Trackback | Comments(6)

収穫の夏?

3年前、遊びに来た母が「あなたのところ、ブルーベリーがあるのねぇ」と一言。
「へっ?」
虫がいやで庭にほとんど下りていかない私は全くそこになにがあるのか気にもとめていませんでしたが、母の一言で俄然目が輝きました。

小さいけれど確かにブルーベリーの木が1本。
青い実をつけ始めていました。

残念ながら、母たちの滞在中には食べられる大きさにまで成長しなかったけれど、よっしゃ、この夏は採り放題だ!とわくわく気分もつかの間、人間に美味しいと思えるまでに成長するのを待っていたら、その前に酸っぱいのもお構いなしの鳥たちに全て食べられてしまいました!!!!!!!
なんてこった!!!!!

翌年は前年の経験を肝に、早めにネットをかけて、鳥対策。
なんてまぁ、大きくって、黒々として、甘いんでしょうというベリーがたくさんたくさん採れました。もう、お友達にも分け放題。
f0032653_2216668.jpg
                  この写真は04年のもの。

でもって、去年は仕事のトレーニング期間中。朝の5時前から起きていたものの庭に下りる時間はなく、帰ってきてもくたくたで、気づいたら実は完全になし。食べられちゃったのか落ちちゃったのかもわからない。

さて、今年。
04年の夏よ、もう一度!の祈りをこめてネットをかけますが、木も成長しています。
ネットの大きさ全然足りません。それでも、なにもしないよりマシかと、悪戦苦闘しながらネットをかけた数週間前。
実はたくさんついていました。でも黒くなるにはけっこう時間がかかります。
ちらっちらっと確認しつつ、まだかな?まだかな?
で、先週末、何個かつまんで、試食。
やや酸っぱい。
もう1週間待ちましょう。

ということで、今週末、いそいそとザルを片手に木に近づく私、異変を感じました。
「実が少ない・・・」
先週末は小ぶりながらも黒い実がたくさんついていたのです。
が、そのそそられる黒が明らかに少なくなっている。
やられた!にっくき、鳥に。
ネットの隙間からこそこそと入ってはおいしそうなものから食べていくのでしょう。

結局収穫はコレだけ。
f0032653_2224656.jpg
しかもまだ木についたままおいしさを増していくはずであろう小さなものまで採らざるを得ず。だって、鳥に食べられてしまうくらいなら、少々酸っぱくてもこっちが食べてやろうといういやしい根性。
1cm以上に育った実なんて葉陰に隠れたほんの数個採れただけ。トホホ。

酸っぱいのをそのまま食べる気にはなれなかったので、焼きこみました。クッキーに。
チョコもベリーも前回のよりう~んと少なかったので、マシュマロを加えて。
f0032653_2228830.jpg


う・・・ん、来年はさらに対策を考えないと。
それにしても鳥め!目ざといぞ!
[PR]
by miholanta06 | 2006-07-26 22:47 | お菓子 | Trackback | Comments(8)

7月15日に生まれて

1週間前、誕生日を迎えました。
そして、昨日、車が誕生日マイル(?)を超えました。

誕生日当日、妹が電話をくれて、甥っ子とも話しました。
甥っ子から「ケーキ食べた?」と質問。彼にとっては誰かの誕生日はケーキが食べられる日という意味なので(笑)。

み「ケーキは作ってないけど、ジャム作ったよ」
甥「なんのジャム?」
み「さくらんぼ」
甥「えー、今度持って来てね(甥っ子はさくらんぼ好き)」
み「うん、持って行くね(いつだ?)」
甥「蓋、ちゃんと閉めてね」
み「(?)・・・うん」
甥「こぼれちゃうからね」
み「(笑)わかったよ」

蓋がちゃんとしまっていなくてジャムがこぼれた経験でも最近したんでしょうか?
犯人は我が母かなぁ。彼女の閉めるビンやタッパーの蓋は私の知る限り97%はちゃんと閉まっていません。密閉容器の意味ないじゃんっていつも思うのですが・・・。閉めようよ、蓋、ちゃんと・・・。

両親からはカードが数日前に届いていました。
お誕生日おめでとうと。

いえ、お誕生日ありがとう、です。

長女の私が生まれるとき、父はスペイン沖を航海中(注:海賊ではありません)
父からは電報が届いていました。(私のアルバムにはさんであります)
今と違って情報もいろいろなかったでしょうし、実母を早くに亡くしている母は、
心細かったのではないかなぁ。

それからずっとありがとう。
毎年誕生日を迎えるたびにありがとう。
なかなか言えないけれど、ここで、ありがとう。
f0032653_222326.jpg

41年間ありがとう。


*おまけ*
「小国の日々」のsmallcountryさんに教わった、ぺちゃんこ桃にはまっています。
「なんだ?このつぶれたやつは」といつも素通りしていたのだけれど、「おいしいよ!」と聞いてさっそくGet.今が旬のほかの桃よりやや高め、いえ、倍します。

とりあえず、2つ買って、おいしくて、また2つ買って、また美味しくて、今度は4つ買いました。f0032653_2255340.jpg
f0032653_226185.jpg

左はPeach Donut 右はSaturn(土星) PeachのタグにUFO Peachのシールがついていました。
・・・見たまんまじゃん。
私としてはDonutの名前に軍配。だって、見たときそう思ったから。
ふふふ、たくさん食べましょう。
[PR]
by miholanta06 | 2006-07-22 22:12 | ひとりごと | Trackback | Comments(12)

生食飽きたら、今度は煮食だ

買ってしまうのですよ。
だって、安いんだもの。
もう、飽きたよぉ~と贅沢を言いつつも買ってしまった、またチェリーを。

オーガニック系スーパーで普段$5.99(1000円)/lb.(ポンド=450g)のものが
$4.99(600円)に。
普通スーパーでは$2.99(350円)に。
そして、それを食べきる前に見つけてしまったのです、アジア系スーパーで。
なんと$0.99/lb.で。
450gで120円・・・。安すぎですよ、これは、絶対。

でもって買ってしまったらやるしかありません。

これ。

f0032653_1252987.jpg





   チェリーのコンフィ。
マテスク里佐さんの『バスクの砂糖壷』より。1月に作ったオレンジコンフィに引き続き。

前回のオレンジコンフィの時もマーマレードにするかコンフィにするか迷った挙句コンフィにして、大正解のおいしさだったのですが、今回もやっぱりジャムにするかコンフィにするか迷って簡単にコンフィに決定。なぜって、ジャムは種を抜かなくてはならなくて、その種抜き器なるものを私は見つけられなかったので。一つ一つ、半分にして種を取る気はさらさらなかったのでね。

以前友人が「チェリーの種抜き器を買った」と聞いて、「なぜ、そんな人間を退化させるようなものを買う!」と思ったものでしたが、今や絶対欲しいもの!(彼女は赤ちゃんのために必要だったのですがね)

f0032653_12562583.jpg
               こんなん出来ました。
               くちゃっとちびっちゃくなったさくらんぼ。つやつやで綺麗。

煮る時間はさほど長くなく、寝かせる時間が半日とか一日とか長いだけ。この暑い最中、こんなことが出来るのも地下室があるおかげ。地下に降りていくとすぅ~っと温度が下がります。コンクリートに布団敷いて寝たいくらいです。

一度火にかけて1日置いたときはこんな色。f0032653_12594395.jpg
しっかり色が出たと思ったけれど、出来上がりと比較するとまだ薄いです。

そして味見。
むむむ、おいしい。かなり、おいしい。むちゃくちゃ、おいしい。

昔からお菓子に乗っているチェリーは好きじゃなかったし、缶詰も好きじゃなかったし、チェリーコークも好きじゃなかったし、チェリーフレーバーのついたリックプリームとかも好きじゃなかったけれど、この火を通したチェリーったら、おいしい。

チェリーは生食に限る!と思っていた私ですが、火の加え方でこんなになるのですね。

初めての日はいつものごとく、こうしてマフィンとともに。
f0032653_1362174.jpg


シロップをヨーグルトにかけてもいただきましたが、これもとってもよくあって。

原料費¥200+砂糖&レモン。美味しく生まれ変わってくれてありがとぉ~。
[PR]
by miholanta06 | 2006-07-15 13:17 | お菓子 | Trackback | Comments(11)

生食飽きたら焼食だ

フルーツの季節、ベリーもほぼ連日どこかでセールです。やっと食べ終わったのに見るとついつい買ってしまうのは、あのかわいらしさのせい?

でも飽きました。そのまま食べてもヨーグルトに乗せても甘くておいしいんですけど、贅沢にも飽きました、ブルーベリーに。でもあとちょっと・・・とはいいがたい程度に冷蔵庫に残っています。さてどーしましょーか。

マフィンに入れるのが定番だけど、そして、焼けばとてもおいしいものができあがるのはわかっているけれど、そういうタイプの焼き菓子を作る気分にもなれず、こちらに変身。

チョコチップ&ブルーベリークッキーです。
f0032653_11545318.jpg

このWilliams Sonomaの本のチョコレートチップクッキーより、クルミのかわりにブルーベリーを入れてみました。
本の表紙写真と、見た目は段違いですが(笑)チョコとブルーベリーの味は最高にあいますね。おいしいです!成功。(ただ、ブルーベリーの量が少々多すぎましたね、贅沢にも。)

こののいいところは、アメリカの本にはめずらしく、
・全品写真付き
・材料がカップ、グラム、オンスそれぞれで表示されていること
・オーブンの温度も摂氏・華氏両方を表示していること
・レシピの脇のミニヒントがちゃんと役に立つこと
と、かなりお気に入りです。

それにしてもなんで、アメリカのレシピ本は字ばっかりなんだろう。写真があったほうが絶対とっつきやすいと思うのに。
[PR]
by miholanta06 | 2006-07-11 12:05 | お菓子 | Trackback | Comments(2)

たった今、この瞬間

ワールドカップの決勝戦が今から始まります。
ライブで見ている人たくさんいるんでしょうね。
たった今、この瞬間にTVの前に入る人、手を挙げて~。

私もなんとなく観賞することにいたしましょうか・・・。



f0032653_1371065.jpg


見ながらこんなの作ってました・・・。
イニシャル携帯ストラップ
[PR]
by miholanta06 | 2006-07-10 02:30 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

日本滞在記~どきどき編~

ある土曜日

甥っ子、保育園を休み検診へ。その後妹のお花屋さんが終るまでフリータイム。
・・・ということで、おばちゃまの出番です!そう、甥っ子と2人っきりの初デート。

f0032653_22171721.jpg

★大好きなグレープフルーツをおばあちゃんに剥いてもらい食べ終わったらジュースまでのみつくす★
駅前から出るバスで横浜市営地下鉄「センター南駅」まで、トイザラス詣。
はじめ、「やだー、いかないー、ママと行くー」とぐずぐず言っていた甥っ子ですが、バスが駅前に入ってくるのを見たら「みーまん、早くー、バス行っちゃうよー」と私をせかします。
店から駅まで20秒、短い足で一生懸命走ります。
「リョーちゃんのために待っていてくれるかなぁ、運転手さん」・・・自分のために世界は回っている発言。

子供にとっての特等席、運転手さんの真後ろの席が空いています。「リョーちゃん、座りなさい」というと「みーまんに座る」と初めての2人がけ。昔は父や母のひざにこうして座ったんだったっけ・・・。
おばちゃま、至福。

動き出したバスを見送ってくれる妹夫婦。手を振って「行ってきます」

・・・とは言うものの、私行き先を知らないぞ。
「着いたらリョーが案内してくれるから」という妹の言葉を信じるのみ。

あまりにあわただしく飛び出してきたので今しがた妹のお店で買ったリネンのハンカチも、さらにデジカメも置いてきてしまった!なんてこと!
なんてことをバスの中で考えながら、甥っ子が膝の上にいる幸せを感じる。
「どうやったら座りやすいのかな?ひざをつけているほうがいいのかな?それとも少し離した方が座りが安定するだろうか?シートベルト代わりに腕をおなかに回したほうがいいかな?でも汗かいちゃうかな?」と妙に細かいところに意識が行きましたが、やがて甥っ子はすやすや・・・、続いておばちゃまもすやすや・・・。

やがて目的地。
降りると運転手さんに手を振る甥っ子。
運転手さんも軽く振り返してくれました。
こんな姿を見るだけで、おばちゃま、至福。

さて、どっち?
甥っ子に手を引かれながら日差しの中を歩きます。

f0032653_22321536.jpg

★けっこう几帳面なところのある甥っ子。持っている車がすべてきちんと並んでいます。(普段はちびイスの下が車庫になっています。ある日私がそのイスを動かしたら、いつの間にか車もイスの下に移動していました)★


トイザラスではショーケースの中で走る電車を案内してくれ、それから車やオートバイの試乗が出来る通路でたっぷりすごします。これ乗る、あれ取ってといろいろ乗って、端で待つ私はガソリンスタンドの店員さん「ガソリン満タン入れますか?修理するところはありますか?」

ひとしきり堪能したら「アイス食べに行こう」と私を連れ出します。
暑い日だったからかサーティワンの小さなお店は外まで列が溢れています。並びながらメニューを手に取り2人で選びます。甥っ子は私にレインボーカラーのアイスを食べろとすすめます。いえ、強要。再三抵抗しましたが、どうしても意見は変えられず、店員さんに注文すると、ラッキーなことに(?)レインボーは今日は売り切れたということ。私好みで甥っ子も食べられそうなマンゴを注文。甥っ子はいちご。

狭い店内、空いている席を探し2人で向かい合って座ります。お互いのカップをつつきあいながら、デート気分さらに高まります。
おばちゃま、至福。

あらら、なんだか、外が黒い。ガラスのせい?いいえ、そうではなさそう。
急に空が機嫌を悪くしてきました。
アイスを食べ終えて外に出るとかなりヤバい様子。
そうこうしているうちに雨が降ってきました。それもかなり激しく。

いそげ~と先ほどのバス停に向かってまた走る。手を繋いで短い足がパタパタするのを横目で見ながら大またで走る。新聞紙が風にビュンと舞う。

ありゃ、バス停からっぽ。
1台もバスがいない。
「電車で帰ろうか」と言ってみる。バスが好きな甥っ子ですが、背に腹はかえられぬと思ったか合意成立。またもさらに降りまくる雨の中を戻ります。「みーまん抱っこしようか」と甥っ子をかかえて雨の中走る。力持ちでよかった、私。

駅構内につき、濡れた体を拭いてあげたくてもハンカチ持ってこなかったし。しょうがなく、ティッシュでちまちま拭いてあげます。でもなんだかこんなハプニングに2人とも少々興奮していたのか目があうとフフフ、なんだか笑ってしまいます。

電車に乗って車両のつなぎめのドアの前に立ちます。アナウンスを真似て甥っ子が「つぎは~終点~あじゃみの(あざみ野)~あじゃみの~」と小さな声で言っているのが聞こえたようで、向かいに座っていた高校生の女の子が笑っています。えぇ、彼電車男でもあるんです。

初デート、ほんの数時間、至福の時。

     --------------------------------

ある日曜日

顔を洗って布団をたたもうとしていたところに妹がいきなりダダダッと来て、
「タオルたたんだ?」
み「?」なに急に?「いや、昨日の夜半乾きだったから、干したまんまにしてあるけど」
妹「・・・だよねぇ・・・」

なに?

妹、ダダダッと戻って半信半疑、いえ零信十疑くらいで妹のだんなに「タオルたたんでないよねぇ」(答えは、もちろんたたんでいないとのこと)

となると残るは一人、3歳児。
f0032653_22142592.jpg



このような山を作り上げていたのは甥っ子でした。

ほうほう、見ていると引き続き山を高くしています。
タオル掛けから一枚ずつはずして両端をそろえ、半分に折り、さらにもう半分、そしてその半分に、なかなか上手です。
バスタオルとは全身で格闘していましたが、それもうまくたたんでくれて。f0032653_2216789.jpg 



★こいのぼり、いい加減しまおうよという妹に頑なに抵抗。
5月末まで家の中に飾られていました★

照れ屋でへそ曲がりの彼のこと。
誉められるのは恥ずかしいらしい。
おばあちゃんには言わないでと妹は口止めされたそうで。
(でも伯母はビデオにこの様子を撮っていたので、ちゃっちゃと見せてしまったよ)


甥っ子3歳最後の日。
[PR]
by miholanta06 | 2006-07-05 23:01 | 旅行記 | Trackback | Comments(6)

きゃーっ!

過ぎちゃった、半分、今年もはや・・・。
きゃーっ!と言わずしてなんと言う・・・。

今年の初めになんて言っていたっけ?ココで。
どれだけ達成できているか、いや出来ていないか。

今日から後半戦。
みなさま、がんばりませう・・・。
[PR]
by miholanta06 | 2006-07-01 22:41 | ひとりごと | Trackback | Comments(4)