作ったり読んだり飛んだり考えたり


by miholanta

プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

今夜もeat it
一日一膳
おいしい写真館
作りたGirlの★ビーズ...
本日の、のんし。
小国での日々 第6章
ほな、またね!
流木民
Kippis! from...
Rustique News
Aroma Relax

最新のコメント

☆mother-of-p..
by miholanta06 at 10:24
最高!! 今年の弥..
by mother-of-pearl at 15:21
☆smallcountr..
by miholanta06 at 02:00
こういう淡い色彩が、貴女..
by smallcountry at 00:55
☆mother of p..
by miholanta06 at 09:36
あ~、やっぱりまた行きた..
by mother-of-pearl at 20:48
☆smallcountr..
by miholanta06 at 10:53

ブログパーツ

カテゴリ

ひとりごと
プチショット
お菓子
うちごはん
手作り石けん
手作りパン
手作り
レシピ
外で見つけた
ダラス
アトランタ
ガラス

映画
旅行記
旅行記-フランス2013
旅行記-フランス2014
甥っ子
お知らせ/ご挨拶
etsy
日本 2014

ライフログ


ダカフェ日記


続 ダカフェ日記


上田義彦写真集 at Home


じいちゃんさま


うちの食卓 イタリア主婦のおいしい家庭料理


北イタリアの食卓 うちの食卓 Non solo italiano


A.R.Iのお菓子の提案―dailyマフィンとビスケット


Kippis! from Finland フィンランドの毎日の暮らし

タグ

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
海外生活

画像一覧

<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Break

1週間ほど日本へ行っておりました。
なのでブログ更新滞っております。
間もなく再開予定・・・。
f0032653_22452439.jpg

[PR]
by miholanta06 | 2006-08-30 22:45 | ひとりごと | Trackback | Comments(6)

感激の嵐

興奮が収まってきてなんとかココにUpできるようになりました。

スーパーあこがれの人、西海岸の『本日の、のんし』のnonshiさんから誕生日プレゼントをいただいてしまいました。

ある日帰ってみると机に大きなパッケージ。
注文しておいた化粧品?にしては大きいな。
あて先が手書きだし。

あっ、えぇっ、おぉっ!
美しい字でワタクシの名前を書いてくださっています。
夕飯を食べようとしていたところで、パッケージを開けようか、でも開けたら最後、テーブルには戻れない!と思ったので、7分で夕飯を終え、カッター片手にどきどきパッケージの前に正座。
f0032653_2212493.jpg
f0032653_22131911.jpg


なにやら綺麗なものがたくさんはいっていますよ。


うわぁ~っ。あのクッキーだ!あのグラノラだ!
と、かつて彼女のブログで見たものが今目の前に!
f0032653_2215617.jpg

手書きのタグ&グラノラはIngredientまで。それには彼女のイニシャルシールが貼ってあったり。ラフィアのひもも、かわいくて、なにもかもに感激。

このクッキーってば、おいしくて、本当においしくて、しっとり感、それぞれの持ち味が生きていて、よく言う「お店のみたい」って言葉がぴったり。でもお店でもこんなにおいしいの、あるか?ってくらいです。
一つ目を口にしたときは、パッケージをもらった興奮も手伝ってか、だまっていられなくなり、手をたたきながらキッチンを一人行進してしまったわたしです。「美味しい!美味しい!おいしいおいしいおいしいおいしい!」と言いながら・・・。

f0032653_22203911.jpg   


誕生日プレゼントにいただいたのはシーリング&ワックス。ず~っと前からちょっと気になるアイテムではあったのですが、自分で買うことはなかったものを、フフフ、いただいちゃいましたよ。

まだうまくつかいこなせないけれど。
f0032653_22213567.jpg  


それにカードもね。クローバーのシールからしてかわいい。


日本へ一時帰国をなさっていた彼女、遠くニッポンのさらに遠く北海道からのお土産まであって。
f0032653_2225229.jpg
おいし~いゼリーでした。(実はこのあと日本の有名メーカーのゼリーを食べたのですが、・・・違う・・・と感じてしまいました。nonshiさんのおめがねにかなったショコラティエ マサールのフルーツゼリー、ほんとにおいしかった!)
山のように荷物を持って帰ってきたことでしょうに、私の分までありがとう。

なんというか、こうしてブログを通じて知り合った人というのは、ある種TVの中の人(パソコンのハコを通じているので)、みたいなところがあって、だって、毎回その人の表現を写真や言葉で伝えられているから。ま、もちろん、こうしてこちらの発信も受け止めてもらえるのでTVとは違うのですが、今回のサプライズはなんだか芸能人からプレゼントが届いちゃった!のような感じでした。

nonshiさん、どうもありがとう。
私の感激が伝わったでしょうか。
これからもどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by miholanta06 | 2006-08-15 23:05 | プチショット | Trackback | Comments(8)

フルーツの行方・・・

生食よし、焼食よし、煮食よし、そして混ぜ込んでよしの夏のフルーツたちです。

↓のフルーツたちのその後です。

*ホワイトチェリー:そうそう高くて手に入らないこれらはそのまま生食で。甘くておいしかった。

*アメリカンチェリー:安さに感動しつつの煮食=コンフィになっていただき、実もシロップもマフィン&ヨーグルトとともに楽しんでおります。

*アプリコット&ブルーベリー:またまたマテスク里佐さんの『バスクの砂糖壷』よりおいしいレシピをGet.オーストリアン・クランブルとして焼食です。
f0032653_22122746.jpg
半分に切ったアプリコットを敷き詰めて、隙間に庭で採れたブルーベリーをパラパラと、いえ、バラバラと、いえぎゅうぎゅうに。
f0032653_22134947.jpg
生地、フルーツ、クランブルの3層は冷たく冷やしてアプリコット一つ分に切り分けいただきます。(今回はさくらんぼのジャムとともに)
甘みも控えめで朝食代わりに、小腹の空いた隙間時間に、おなかがいっぱいでも甘いものをちょっとという時、いつでもイケるかなりかなりおいしいレシピ。

実はこれの前にプラムで作って(アプリコットがスーパーになくて、代替品ということで)一口食べたとき「む、甘みかなり控えめ・・・」と思ったら、クランブルに砂糖を入れ忘れていたということがありました。ははは。今回は生地にもクランブルにも砂糖を忘れずに。

*桃:生食も十分楽しんだあとには、レアチーズケーキに混ぜ込んで。
f0032653_22213640.jpg
パウンド型に作りました。
ブルーベリは市販のもの。(見た目の悪さがかなり抵抗あり。次回は全部混ぜ込んでから流し入れましょう or 綺麗にトッピングをがんばってみましょうか・・・)

f0032653_2222199.jpg
奥の切り口に桃が見えますか。
これには軸つき、種入りさくらんぼのコンフィを添えて。

気温が100°F(37℃)を超えるような暑い日には、こんな冷やしたデザートがよろしいようで。


*おまけ*

第3週目収穫f0032653_2157324.jpg


けっこうな量が採れました。
比較しやすいように同じお皿で写真に収め。
今回初めて生食。
ヨーグルトに乗せて、微妙な酸味もほどよくてGoodです。
[PR]
by miholanta06 | 2006-08-09 22:49 | お菓子 | Trackback | Comments(7)

種抜き器もらったら、煮詰食だ!

先日いただいたチェリーの種抜き器を使うがためにチェリーを買いに行きました。
いそいそと。わくわくと。

前回同様¢99/lbs.(450gで120円弱)で、ありました!
となりにはWhite Cherryとして日本で見るのと似たような淡い黄色のサクランボもありました。こちらだって$1.99/lbs.(450gで240円弱)と、安い安い!
レーニエチェリーなのかどうかわからないけれど、いわゆる赤いアメリカンチェリーに比べて白っぽいほうはあまり出ないし、高いし、年に一度買えるかどうかで、今年はまだ食べていなかったのでうれしかった!

先週買えなかったアプリコットも見つけ、さらに真ん丸い桃まで買ってしまって(欲しかったぺちゃんこ桃は、陳列棚ですでに熟れすぎ状態で残念ながら買う気になれなかったので)カートの中はフルーツ満載。

集合写真。
はい、チーズ。
f0032653_22211680.jpg


ブルーベリーは今週の収穫分(朝採りです。先週よりちと多いかな?)
f0032653_22381443.jpg

f0032653_22242397.jpg

アメリカンチェリーはさっそく洗って、種取り開始。


あら、大変。粒が大きすぎて正しい位置に入れられない。むむむ。
おっ横にして入れればいいね。よっしゃ。

パッチンパッチンかなり果汁が飛び散ります。白いシャツについたら大変!暑いけれど前面を全面覆うエプロンをつけて、流しの中で作業。
なんだかチャンバラ映画でやいやっと敵を切りつけて血が障子に飛び散るみたいなイメージが・・・。

煮て、休ませて、また煮て。
チェリーのジャムのレシピはまたまた『バスクの砂糖壷』のマテスク里佐さんより。
さぁ出来上がり。f0032653_2228634.jpgf0032653_22283468.jpg

前回のコンフィより粒がぷっくりしてます。
種がない分食べやすい。

1kg煮て300円弱ですぞ。
VIVA AMERICA !
[PR]
by miholanta06 | 2006-08-02 22:35 | お菓子 | Trackback(1) | Comments(8)