作ったり読んだり飛んだり考えたり


by miholanta

プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

今夜もeat it
一日一膳
おいしい写真館
作りたGirlの★ビーズ...
本日の、のんし。
小国での日々 第6章
ほな、またね!
流木民
Kippis! from...
Rustique News
Aroma Relax

最新のコメント

☆mother-of-p..
by miholanta06 at 10:24
最高!! 今年の弥..
by mother-of-pearl at 15:21
☆smallcountr..
by miholanta06 at 02:00
こういう淡い色彩が、貴女..
by smallcountry at 00:55
☆mother of p..
by miholanta06 at 09:36
あ~、やっぱりまた行きた..
by mother-of-pearl at 20:48
☆smallcountr..
by miholanta06 at 10:53

ブログパーツ

カテゴリ

ひとりごと
プチショット
お菓子
うちごはん
手作り石けん
手作りパン
手作り
レシピ
外で見つけた
ダラス
アトランタ
ガラス

映画
旅行記
旅行記-フランス2013
旅行記-フランス2014
甥っ子
お知らせ/ご挨拶
etsy
日本 2014

ライフログ


ダカフェ日記


続 ダカフェ日記


上田義彦写真集 at Home


じいちゃんさま


うちの食卓 イタリア主婦のおいしい家庭料理


北イタリアの食卓 うちの食卓 Non solo italiano


A.R.Iのお菓子の提案―dailyマフィンとビスケット


Kippis! from Finland フィンランドの毎日の暮らし

タグ

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
海外生活

画像一覧

<   2006年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Parisの街はアートでいっぱい!

Parisといえば、芸術の都。花の都、Paris.
それにしてもParisったら「Parisといえば・・・」に通じるものがたくさんある。さすが。
それにひきかえアトランタったらなんだろう。CNNかコカコーラか。風とともに去りぬか。

で、芸術。ってかアート。

f0032653_11533970.jpg


リュクサンブール公園を入ったところにこんな涼しげな木陰が。
とても暑かったのでこの木陰と水がさわやかさをかもし出していて・・・とおもいきや、怪しげな物体が浮かんでいます。
f0032653_11544750.jpg


     ・・・なに?
     ・・・なぜ?

顔がねぇ、水に浮かんでちゃヤバイでしょ。ってな感じなんですが、

ここにも顔が。

f0032653_11572295.jpg

  
   ・・・なぜ?
   ・・・なに?

顔がねぇ、地面に転がっててもヤバイでしょ。ってな感じなんですが。
手の中に大人もすっぽり入っちゃうくらいの大きさ。
なんか微妙にいい味の顔なんですよ、これが。

                         (サントゥシュタッシュ教会前の広場にて)


このおじさんもある意味芸術ではないでしょうか?
f0032653_120397.jpg
すずめを手なづけていますよ、おじさん。

・・・なぜ?

の種明かしは、おじさん手にパンを持っているのです。
毎日きっとあげているんでしょうね。
すずめも慣れたもので、一瞬で群がってきました。

                                   (ノートルダム寺院の前にて)

こちらのおじさんも一種、芸術?f0032653_1284871.jpg
f0032653_1285927.jpg
こんな剪定の仕方あり?

長い柄の先には確かに鎌がついているみたい。これを振り下ろして刈れるところだけ刈りましょうという、かなり、か~な~り~気の長い方法。それでも、おじさんに近いほうはきちんと刈られているからこれでもまぁ、いいのか。   ・・・どうなのか・・・。


で、私の一番気に入った芸術はコレ。
f0032653_12131916.jpg
薔薇のアイス。
たまたま入ったジェラート屋さん。
前で注文していた人の2色のアイスをおねーさんが、少しずつコーンの上に乗せていきます。見る間に「あぁ、薔薇っ!」
そーか、じゃ、私は黄色のマンゴを真ん中に、緑のピスタチオをまわりにつけてもらえばもっと薔薇っぽい。と思ったけれど、出来上がりは逆で・・・。
でも良く考えたら、緑がまわりでも薔薇じゃないじゃん。などと頭で言い訳考えたり。

おいしい芸術でした。
(ほんと、おいしかった!!)



最後はきれいに。
Parisのお花屋さん。
自然の作り出す芸術に人が少し手を加えて、さらに多くの人の元へ芸術をお届け。
f0032653_12244492.jpg

[PR]
by miholanta06 | 2006-09-30 12:25 | 旅行記 | Trackback | Comments(4)

Parisで食べるものってなんでこーもおいしいんでしょ

Parisといえば、フランスと言えばグルメ大国。ミシュランだってお隣イギリスで発行されていたら、ここまで威厳はなかったのでは?

私にとってのミシュランは口コミということで、信頼できる人信頼できる舌で評価を得た『Les Bouquinistes(レ・ブキニスト)』へ行きました。

f0032653_6573097.jpg
そんなに大きくないお店が、ひょっこりセーヌ川沿いに現れます。
白と黒の装いもパリッとしたホステス&ギャルソンさん。
ちょいとビビリましたが、ま、ランチだしと気を取り直し席に案内してもらいます。

ほどよくバラけたあたりのテーブルにお客さんすでに何組か。
外国人?いえいえいフランス語を話しています。 おっアジア顔の母娘が入ってきた。でもやっぱりフランス語を話しているよ。地元の人が多いのかしら。

f0032653_6593559.jpg
気を取り直し、メニューをちらりと見ながらも、心は『本日のセットメニュー』から頼もうと決まっています。
普通のメニューは英語説明が添えてありますが、『本日の・・・』方はフランス語のみ。

想像力を働かせ、そしてギャルソンさんの簡単な説明を受け(こっちはFish、こっちはlambとほんとに簡単な説明)いざ、ゆかん!
f0032653_745298.jpg
 ↓左が各メニューの上側              ↓右がメニューの下側のもの

f0032653_79651.jpgf0032653_791937.jpg
↑魚のスープ。さらっとしているけれど濃厚な味。 ↑林檎とナニカのパイ。
                                マッシュルームソテー添え。

f0032653_7433933.jpgf0032653_7435113.jpg
↑魚は鯛?カリフラワーのフリッター添え。 ↑子羊はアプリコットと共にじっくり煮込んで
                            あります。ペンネが添えられて。

f0032653_745037.jpgf0032653_7451271.jpg
↑林檎とナニカ(繊維が多い)のクランブル。  ↑3色シャーベット&バニラアイス。

Q:私はどちらの側を食べたでしょう?

どこのテーブルを見ても(皆2人連れだった)、同じ注文の仕方をしていたところに共感をおぼえましたよ、フランス人。やっぱりどれも試さなきゃね。
私が感動したのは普段レストランのおいしそうな料理を上手に撮れない私にも、おいしそうに撮れたこと。・・・んなことどーでもいいと・・・。

気を取り直して。
私が一番気に入ったのは魚のスープ。メニューを見るとランゴスティーヌ(手長えび)とありますねぇ。でも、えびっていうより魚って感じだったんだけどな。

前回母と妹とフランスを旅行中も魚のスープをよく注文しました。
あまり食欲がなくて、スープとサラダだけでいいなと思ってその2つを注文すると、前のお皿を下げないことには次は持ってこられないというギャルソンと随分すったもんだをしたものです。言葉も通じないまま。そのギャルソンは本当に、本当に、本当に態度が悪かったのでチップをほんの数サンチームだけおいたのを覚えています。

気を取り直して。
最後は苦めのチョコレートで締め。
f0032653_732640.jpg


                                        ごちそうさまでした。
[PR]
by miholanta06 | 2006-09-27 07:09 | 旅行記 | Trackback | Comments(9)

Parisのサインはおもしろい

Parisといえば、鉄骨ちゃん、Parisと言えば、凱旋門でしょうか?
f0032653_22232912.jpg


そんな、ドデカイものも見つつ、ちまちましたものにもチェックを入れたりして・・・。

まずこれ、どういう意味?

f0032653_22243471.jpgf0032653_22244323.jpg
シテ島を歩いてて、↑のサインを見つけました。

どういう意味?子供連れ禁止?2人で横に並んで歩くの禁止?それとも誘拐禁止?ふ・・・ん・・・・わからん・・・。

で、裏に回ると右のもの。

今度は、親子連れOK?いろいろ文字が書いてありますが、私にはまったく意味不明なアルファベットの並びです。
どなたかこの意味を教えてください。

そしてこちらも。

f0032653_22272285.jpgf0032653_22443263.jpg
歩行者用信号機です。

たいていのは、左のタイプ。そして3~4割の確率でしょうか、その向かい側が右のような威嚇系。「赤は止まれだぞ、おまえ」とでも言うように。そんな、エバられても・・・。青の「歩け」サインの方も「急がなくちゃ」とあわてているような・・・。

そして、こんなのもありました。

f0032653_22314471.jpg

我こそはと思われる方、第二のサダハル・アオキになるチャンスかもっ!
[PR]
by miholanta06 | 2006-09-23 22:46 | 旅行記 | Trackback | Comments(8)

Parisのカフェはよりどりみどり

Parisといえば、カフェ。
ホントはParisといえば、いえ、フランスといえば、ワインなんでしょうが、飲めない私には残念ながら意味がなく・・・。

ということで、Parisといえばカフェ。

f0032653_21563320.jpg


あそこにも、ほら、そこにも、あら、ここにも探さずとも目に入ってくるといった感じでカフェが街中にありました。

アメリカでいう、スタバとも違って、日本の喫茶店ともちょっと違って、ほんとにほんとに、皆さん、気軽に座って、ペリエを、ビールを、ワインを1杯頼んで、そこに座って、おしゃべりしたり、電話をしたり、人を待ったり、仕事と仕事の隙間をつぶしたりといった様子でした
こちらはといえば、せっかく行ったのだから、さて、何を頼もうか、じっくり考えたくて、メニューをながめてみたり。座るとすぐギャルソン君が来てくれて、パリっ子のみなさんはすぐ注文をしていましたが、私なんかはちょっと待って考えさせて状態。

そんなこんなで頼んだものはこちら。

f0032653_2243693.jpgf0032653_2244835.jpg

ガイドブックにここにはピエール・エルメのお菓子がおいてあるよとあったカフェ・ド・ラルマ(Cafe de l'Alma)に行きました。
時間のない旅のあいだにお店に行くのはむずかしいだろうから、これはちょうどいいと思っていたのですが、
なんとあったのは「サダハル・アオキ」のお菓子でした。

メニューの最後に私にも読める「AOKI」の文字が。これはあのアオキに違いないと頼んだマカロンとシトロン(レモン)タルト。タルトはちっちゃな粒がショリショリショリショリする感じが妙に気に入りました。
ちっちゃなタグがついています。

外国で成功したんだなぁ、この日本人。しみじみ、感動、しみじみ、羨望。
お菓子の国で、お菓子で認められちゃったんだよ、この人、すごいなぁ。

右のカフェオレは茶色の丸が2つ並んでいただけだったので、普通こうでしょ、と細工をし、自分でハートにしました。まぁまぁか。


f0032653_22214616.jpg

出発の日は朝が早かったので、さすがにどこも閉まっていて。唯一開いていたカフェでチョコクロワッサンと紅茶。
f0032653_22233482.jpg


朝っぱらから、ほんとに早朝からビール飲んでるんですけど、皆さん。それとも夜から飲み続け?

これからご出勤と見受けられるスーツ姿の人や、仕事帰りで最後の1杯みたいな人がわらわら集まっていました。すごいなぁ、カフェ文化。
[PR]
by miholanta06 | 2006-09-18 22:50 | 旅行記 | Trackback | Comments(8)

鉄骨ちゃん

行ってきました、Paris たった2泊の旅!わっはっは!
目的はこれ、鉄骨ちゃん。
どうにも会いたくなりました。

8年ほど前に妹と行ったときには2月の寒空の下、でもものすごく青い空にでーんとそびえる彼女に圧倒されました。

今回はちょっと夕方だったので、空の色が浅いのだけれど。
f0032653_2285993.jpg

でもいいのです。満足。まる。

おまけ
『鉄骨ちゃん』の名前の由来はこちらから。この呼び名、気に入ってしまい使わせてもらっています、smallcountryさん。
[PR]
by miholanta06 | 2006-09-14 22:10 | 旅行記 | Trackback | Comments(4)

Short Trip

             ほんの数日行ってきます。
             なにが見られるかな?なにに会えるかな?
             日常を忘れて異邦人になってみましょうか。
f0032653_11531385.jpg
         別冊 暮らしの手帳『すてきなあなたに 春・夏 おしゃれ篇』より平澤まりこさんのイラスト     
        
             こんな人たちに出会えるかな。

             海を越えて鉄骨に会ってきます。
[PR]
by miholanta06 | 2006-09-09 11:57 | ひとりごと | Trackback | Comments(12)

才色兼備

あら、この言葉がピッタリだわ。

大好きな西海岸の「本日の、のんし。』のnonshiさん今週のピックアップブロガーに選ばれています。(今週がどこから始まるのかわからないのだけれど)

美味しいお菓子、レストランのようにおしゃれに盛りつけしたお料理の腕もさることながら、なんといっても私にとって一番の魅力はプロ顔負けのすばらしい写真の数々です。どんなものだって、彼女の手にかかると魅力を120%引き出されてキラキラ輝きだすのです。私の好きなあんな写真こんな写真、いかがでしょう?
それらを引き立てる文章も楽しくおもしろく、勢いがあって、お目にかかったことのないnonshiさんの輪郭が浮き出てくるようです。

ピックアップブロガーに載せられている写真もセルフポートレイトだということで、その美しさにたじたじ。撮り方も、撮られ方も心得ているわ、このお方・・・。真似してみたい・・・写真の腕の前に姿形が真似できないことは考えないことにいたしましょう。

私がリンクさせていただいているブロガーの方々の中で、『おいしい写真館<楽しいお菓子>』のyukoさんに続くピックアップブロガーさんです。私もなぜか、鼻高々・・・。

ここで一言、
nonshiさん、ほんとにおめでとう~。
さらにコメントがわさわさ押し寄せるでしょうが、大きな愛で受け止めて、私の愛もどうぞ一緒に受け止めて。
[PR]
by miholanta06 | 2006-09-06 23:37 | ひとりごと | Trackback | Comments(6)

naomi & goro


f0032653_11553061.jpg松居直美と稲垣吾郎

・・・じゃなくて。

naomi & goro
ボサノヴァのお二人です。

ボサノヴァなんて聞いたことなかったんだけれど。

J-waveのインターネットラジオ放送『Music Hyper Market』毎週土曜日更新のこのプログラムを楽しんでおります。


J-waveは大学くらいから聞いていたのかな?
毎朝ジョン・カビラさんの美声で起こされ、その日のトップニュースも彼の声で知らされていました。阪神大地震も、かつて勤めていた会社の倒産も彼の声で知らされたんだったっけ(汗)

実家ではなぜか私の部屋でしかJ-waveは入らなくて、妹の部屋やリビングのラジオでは横浜FMやニッポン放送だったんだよなぁ。

その後もひたすらJ-wave一辺倒。
アメリカでお気に入りのラジオ局も見つけたけれど、日本語垂れ流し状態の日本語ラジオが懐かしい。
そんな時突然見つけたインターネットラジオ。願わくば一日中やっていて欲しいけれど、まぁ、毎週一回の更新だってありがたい。

このプログラムでかかる曲はいろんなジャンルの新しい人たちの曲が多いようです。そこで聞いて気に入ったnaomi & goroの「Ran Into Bookstore(本屋に駆け込んで)」はアルバム『P.S.I Forgot』に入っています。
今回日本へ行ってGetしてまいりました。きっとCD屋に行く時間はないと思ったので、事前にAmazonで注文して妹の所に送っておいて。先に聞いていた妹も気に入ったようで、突然ボサノヴァ姉妹。

白い光のふりそそぐ休日の午前中ってイメージです。・・・わかります?こんな表現で・・・・。(自分の休日とはかけ離れているのが現状です)
[PR]
by miholanta06 | 2006-09-04 11:44 | プチショット | Trackback | Comments(8)