作ったり読んだり飛んだり考えたり


by miholanta

プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

今夜もeat it
一日一膳
おいしい写真館
作りたGirlの★ビーズ...
本日の、のんし。
小国での日々 第6章
ほな、またね!
流木民
Kippis! from...
Rustique News
Aroma Relax

最新のコメント

☆mother-of-p..
by miholanta06 at 10:24
最高!! 今年の弥..
by mother-of-pearl at 15:21
☆smallcountr..
by miholanta06 at 02:00
こういう淡い色彩が、貴女..
by smallcountry at 00:55
☆mother of p..
by miholanta06 at 09:36
あ~、やっぱりまた行きた..
by mother-of-pearl at 20:48
☆smallcountr..
by miholanta06 at 10:53

ブログパーツ

カテゴリ

ひとりごと
プチショット
お菓子
うちごはん
手作り石けん
手作りパン
手作り
レシピ
外で見つけた
ダラス
アトランタ
ガラス

映画
旅行記
旅行記-フランス2013
旅行記-フランス2014
甥っ子
お知らせ/ご挨拶
etsy
日本 2014

ライフログ


ダカフェ日記


続 ダカフェ日記


上田義彦写真集 at Home


じいちゃんさま


うちの食卓 イタリア主婦のおいしい家庭料理


北イタリアの食卓 うちの食卓 Non solo italiano


A.R.Iのお菓子の提案―dailyマフィンとビスケット


Kippis! from Finland フィンランドの毎日の暮らし

タグ

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
海外生活

画像一覧

<   2006年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

おいしい紅茶 私の場合

先日教わった「おいしい紅茶の淹れかた」の通り(のつもり)にアイスティーを作ってみました。
甘くしたアイスティーにグレープフルーツ果汁を絞って2層にするその名も「フルーツセパレートティ」(・・・まんまですね・・・)

とにかく美味しく淹れるコツはお湯を冷まさないこと。
ポット、カップそして茶漉しまでお湯を通してあたためておきます。

①Hotの時の倍量の紅茶の葉ををいれてポットに0.1秒前までグラグラいっていたお湯を
 注ぎます。 (ティースプーン4杯の茶葉に300ccのお湯)

②蒸らしているあいだに別のポットにグラニュー糖をティースプーで12杯入れます。そん
 なに!と思ってもまずこれでお試しあれ。

③2分くらい蒸らした紅茶をスプーンでひと混ぜしたら茶漉しを通してお砂糖を入れたポットに
 注ぎます。

④口までいっぱいに氷を入れたグラスに紅茶を2/3くらい注いで混ぜます。

⑤氷に当たるように絞ったグレープフルーツ果汁をそっと注ぎます。

すると、あら不思議、紅茶が下に、グレープフルーツが上にくっきり二層になるのです。
紅茶は甘くすれば甘くする程濃度が濃くなって層が出来やすくなります。

・・・で淹れました。

・・・が出来たのは
f0032653_2234584.jpg
あまり層がくっきりしなかったのはまだしも、なぜなぜなぜグレープフルーツが下に行く?普通のがなくてルビーグレープフルーツを使ったから?なぜ?う・・・ん・・・。

リベンジしようにもこう寒くっちゃアイスティーを淹れる気にはならなくて。アトランタなのに、まだ10月なのに、我慢できずに暖房入れました。セーター着て毛布で体くるんでいます。
Hotで別バージョンを試そうかしら?
[PR]
by miholanta06 | 2006-10-28 22:28 | レシピ | Trackback | Comments(4)

Dear My Friends~メロンパン&ランチ編~

前日に晴れたおかげで無事運動会もつつがなく終了。
お休みの日でだらりんとしている甥っ子たちに行ってきますと声をかけ、友人宅へ。
今日もいい天気ですこと。

普段は銀行家としてばりばり音がしそうなくらい働いているT子のお手製ランチが待っていました。

いつも外で会う彼女はスーツを着て、ハイヒールを履き、ものすごく重たいカバンを持って、(仕事で)遅れて会に参加するといった感じなのですが、休みの日はこうして、リラックスした格好で、キッチンにもたつんだなぁと見慣れぬ彼女の姿にちょっとドキッ。

f0032653_11391728.jpg

おにぎりに、手巻き寿司もどき、からあげにサラダ、そしてだんなが買い出しに行ってくれた近所で有名なまぐろ屋さんのぶつ切り。



子供たちを連れて来てくれたA子はなんとメロンパンを作って来てくれて。
f0032653_1142657.jpg


売ってるのみたい~、おいしそ~。
T子がリクエストしたとのこと。
「メロンパンはパン生地とクッキー生地が別だから、倍手間がかかるんだよね。5時に起きられたら作っていく」とA子は答えたそう。
前日彼女も運動会だったにもかかわらず、今日も早起きさせちゃったのね、悪いわね、うれしいわ。

実はA子がパン教室に通っているということはず~いぶんと前から聞いていて、だんな(大学同期)からは「パン焼き機買ったのに一度も家で作ったことがない」と何度も聞かされていたのです。
それが今年の春、別の友達から「A子、パンの先生になったんだよ」・・・って、えぇ、飛んだわね、いきなり。
で、今回お初のお手製パン。ぬふふ、うふふ、おいしかった。表面の固さと中のふわさが絶妙。

家にお持ち帰りをして妹と甥っ子とわけましたが甥っ子に、目の前にあった神戸屋の紅茶メロンパンとどっちがおいしい?と聞くと「こっち」とA子のパンをさしました。よろしい。まる。

T子のだんなとA子の息子が公園にサッカーの練習の行き、帰りにケーキを買って来てくれました。
トイレに行っているあいだにケーキが分けられていて、あわてて戻ったわたくし、シュバッとモンブランをかっさらい、事なきを得ました。

大学時代からの友人、きっと60歳になっても70歳になっても同じように遠慮のない間柄を保って行けることでしょう。
今回は3連休や運動会もあって、他の仲間とは会えなかったけれど、次回はよろしくね。

T子にお礼。
ピンクのピアスをということで、2種類作りました。気に入りますように。
f0032653_21582884.jpg

今回帰った翌日に会った同じ大学時代のM子からのお土産f0032653_1292751.jpg


「沖縄行ったの?」
「ううん、行ってない」
「・・・そ」
コレをもらってからなぜか餃子率高くなっています。ありがとね。
[PR]
by miholanta06 | 2006-10-26 12:11 | 旅行記 | Trackback | Comments(8)

秋のちびっこ大運動会

f0032653_22555117.jpg

吹き荒れる雨と風の大嵐の翌日、日本は体育の日の3連休初日。
多くの幼稚園、保育園、学校で運動会が予定されておりました。
甥っ子の運動会もこの日。
今回の帰国の大きな目的の一つです。

前日の大嵐の夜遅く、帰宅した私に待っていたメールは「明日(天気が)がダメなら(運動会)翌日に延期になっちゃうのでそうしたら会えない」という友人からのものでした。
私も「あと数時間で止むかなぁ。止むといいんだけど」とかなり弱気の期待でメールを返信して眠りについたところ・・・。

・・・かたかた音がし、人の話し声も聞こえてきました。

目覚ましは7時にかけたし、それが鳴ってないのに妹たちの声がするって。なんでそんな早くに起きてんの?・・・つまり・・・なに?お弁当作り?えっ運動会?えっ雨やんだの?
いろんなことが一緒くたに頭に浮かび飛び起き、窓に駆け寄ると、

シュターッ!と青空が広がっています。
見事なまでの秋晴れです。

さて、いったい誰の行いがよかったのか?

朝の挨拶もそこそこに「誰の行い?晴れたねぇ」とにんまりしながら妹たちに声をかけ、朝の身支度。途中でおにぎり作成に加わります。
f0032653_228076.jpg


園児一人につき、パパ、ママ、(じじ、ばば)x2、なかには伯母ちゃまつきのところまでありますよ(どこ?)。
そりゃぁ、園庭もいっぱいになりますわねぇ。
保育園マップも「保護者席」の文字がそこら中に。

保育園です、まだお座りも出来ない赤ちゃんから、来年は小学校へ通う、おにいさん、おねえさんまでいます。

赤ちゃんの種目は「ハイハイ競技。ママのところまでおいで~」って、なんだかTVで見たことがあるような、ないような・・・。
でもね、ただの赤ちゃんが、オレンジやみどりの帽子をかぶると不思議にしっかり「選手」に見えるんです。立派なものです。ほとんどの子がちゃんとママのところまで行けました(行かない子ももちろんいました)

もう少し大きい子達はお遊戯(出来る子、出来ない子、やらない子、さまざま)、ボール運び、借り物競争もどき、そして、最後には高学年園児たちによるリレーまで。

我が甥っ子のいる4歳組は「雑巾がけリレー」

f0032653_2153149.jpg

ダンボールを繋げた廊下の上を、色厚紙の雑巾でだだだだだっと走ります。向こうに着いたら次の選手と交代。誰が考えたんでしょ?こんな競技(笑)。

甥っ子は途中でぞうきんが手から離れ、おっとっと。


途中には保護者による、綱引きも。
f0032653_22175556.jpg
これも見ごたえありましたよ。え~・・・とぐずぐず言っていた親たちも本番になれば、真剣勝負。子供の目の前です。気は抜けません。
(ちなみに妹夫婦も参加。普段使わない部分を使ったようで、かなりの筋肉痛。午後から開けたお店では注文の花束作れない~と悲鳴をあげていました。)

結果は「乳幼児チーム」の初優勝。若さが勝ったってこと?(でも開園以来はじめてのことだそうです。先生が興奮気味にアナウンスしていました)


お昼を食べてトリの競技、今年で保育園を卒業する大きな子の組のリレー。
おもしろかったぁ。小さなトラックを走るのでけっこう勢いで大回りになるようなのです。
なので大きく差をつけていたと思ったら、後ろの子がインナーから抜いていったり、まさに抜きつ抜かれつで。走る姿もスピードもなかなかのもの。
この子達は全競技に渡って、準備や片付け、下の子たちの競技のヘルプ等、先生の補佐を見事にやっておりました。きらきらと。
子供の成長ってすごいんだなぁ。
果たして甥っ子も2年後にはこんなことができるようになるんだろうか・・・?

準備に費やした先生たちの時間と手間、頭が下がります。

午後も早くに閉園のことば。
子供も親も先生も、そして伯母も満足満足。

おばばか記事におつきあいくださいましてありがとうございました。

おつきあいついでに最後にもう一つ。
レモンを食べてすっぱい顔
f0032653_2242228.jpg

「雑巾がけ」&「すっぱい顔」写真編集指導kippisさん。どうもありがとう。四苦八苦しながらやってみました(笑)
[PR]
by miholanta06 | 2006-10-23 22:43 | 旅行記 | Trackback | Comments(8)

My Dear Friends ~手巻き寿司編~

外は大荒れ、前日から降り続く雨は止む気配を見せるどころか、さらにその勢いを増しているようです。

普通なら「会うのは延期しようね」となるくらいの天気だったのですが、短い滞在の私のために、みな、無理を押して集まってくれました。感謝。

私を待っていてくれたのは、手巻き寿司。友人4人。@M嬢宅。
f0032653_11233341.jpg

魚屋さんに新鮮ネタを予約してもらって、準備万端で手巻き寿司友人たちは待っていてくれました。

メールでその話を聞いたときにあらかじめ、「私食べるからね、うんと食べるからね、おもいっきり食べるからね」と宣言していた通り、食べました。まぐろも、いかもほたても、甘エビも、たまごもおいしかったわ。友人お手製の練り梅もいか&しそにばっちり合って。

うしろのテーブルには彼女のお得意あえものやらなんやらもわんさか用意されていたのですが、とりあえずは手巻き手巻き、巻けるだけ巻けといわんばかりの勢いで巻かせていただきました。f0032653_11352876.jpg

あぁ、おいし。

チキングリルはいまどきのオーブンレンジでスチーム&グリル?
油を使わず揚げた様なカラリと焦げ目のついた仕上がり。
おいしいんです、これまた。
雨の中、来る前に自由が丘のCUOCAでお菓子材料を吟味しつつ歩き回ってきたおかげでおなかの減り具合もちょうどよく。

CUOCAのお店自体はさほど大きくないものの、お菓子作り大好きな友人と、あれがいい、これ聞いたことある!この粉とこの粉、どこが違うの?あっそれ安い、これは○○さんのブログで見たことあるよ、等々しゃべりながら、ぐるぐるいったい何周していたことでしょう。その間ほとんどの商品に手を触れたかと思います。
最終的にお店を出たときには、手巻き寿司の予定時間に少々遅れそう。あわてて2人で向かいました(というのはウソでそのあとアフタヌーンティへ毎年使っている卓上カレンダーを買いに行き、そのあと向かいました)。

会うのを友人宅でにしておいてよかった。
この日、外ランチだったら、絶対無理だった。
引き続き外は横殴りの雨だけれど、お家の中のおしゃべりにはいっこうに関係なく、コーヒー&紅茶と友人S嬢の持って来てくれた冷たいもち菓子(和洋風)→ちぢみ夕飯+さきほど後ろに用意されていたM嬢お手製おかず各種+私の気に入った波乗りジョニーというお豆腐(細長いサーフボードのような入れ物に入ってます。日本で今はやっているとか。名付け親に拍手!おいしいのでした、これまた)→友人Y嬢作ほうじ茶ミルクプリンをお供にいつまでもいつまでも話は途切れることはありません。
こういう時間がすごくうれしい。こういう時間が作れる人たちがとっても大切。
友人たちにこういう素直な気持ちを伝えるのがなかなか難しいけれど、わかってくれるかな?



f0032653_11571421.jpg

Mきんにもらったプチかご。
今キッチンカウンターの上で何を飾ろうか考え中。
[PR]
by miholanta06 | 2006-10-18 12:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(14)

My Dear Friends~紅茶編~

日本へ行ったらスター並み(?)のスケジュール。
今度こそゆっくりと、のんびりと、落ち着いて・・・なんて思うけれど、会いたい人はたくさんいて、したいことはたくさんあって、後ろ髪引かれる思いで帰路につくことになるのは毎度のことで。

母の普通の手料理がおいしくって、幸せで、
保育園に迎えに行くと甥っ子が一目散に駆けてくるのがうれしくて、幸せで、
お店に出かける妹を送り出したあと、家で洗濯機を回したり掃除機をかけたりするのも楽しくて、幸せで、
父が何を持って帰る?と気にかけてくれることがありがたく、幸せで、
なにげない日常がとてもとても幸せで一分一秒がとても貴重だった1週間。

まずは家族に感謝です。

そして、最近は外ランチもいいんだけれど、友人宅でゆっくりおしゃべりというほうが多いのです。
f0032653_2271718.jpg


「マロンクリームティ」 By Y子さん
日本紅茶協会のティーインストラクターです。

翌日ケニア大使館で行われる紅茶セミナーでお披露目になるはずだった彼女のオリジナル紅茶を一足お先にいただきました。おいしーの!
甘めに作ったアイスティに薄くクリームで膜を張り、その上にホイップクリームをのせ、マロンクリームと栗の渋皮煮(または、甘露煮、マロングラッセ等でも)をのせて。
コレ一つで完璧なデザートになります。

他にも
f0032653_22115261.jpg・グレープフルーツ果汁を絞って2層にする
 フルーツセパレートティ(さわやかで見た目も美しい)、

・同じくセパレートになったアイスミルクティ(右写真)、

・ホットでは輪切りのオレンジにクローブを刺して浮かべる
 オレンジスパイスティ、

・ミルクティにマシュマロを浮かべ、溶けたところを飲む
 マシュマロミルクティ

と、もうもうほんとにたくさんのアレンジティが私だけのために呈されました。
(なんてったって70人の前でやるはずのことを、私一人のためにしてくれているのだから)

えぇ、全部いただきましたとも。おかげで首まで紅茶がたぷたぷ。
でもおいしい紅茶の入れ方、伝授されました。
忘れないうちに自分でもやってみないとね。

*おまけ*
f0032653_22121940.jpg
ガレージに作られたツバメの巣で瀕死の状態だったヒナを助けたそうです。彼女の力で順調に成長中。渡りに戻る日まで、がんばれつばちゃん!
  
それにしてもつばめを手や肩に乗せられるなんて一生に一度のこと、いい経験?!すっごくちいちゃくて軽いんです、このこ。
[PR]
by miholanta06 | 2006-10-15 22:22 | 旅行記 | Trackback | Comments(13)

Parisの車はちっちゃいぞ

多分日本で見かけるものより、アメリカの方が全体的に大きいのが多いと思う、車。
日本もRVが多いけれど、ちっちゃいのも多いし。

Parisで見る車はどれもこれもちいちゃくて、おどろくほどにちいちゃくて、2人乗り?
燃費がいいらしい(多分)、そしてガソリン代が高いらしい(多分)、ゆえにちいちゃな車。

f0032653_2336385.jpg
f0032653_23361799.jpg


100円入れて子供が乗るおもちゃに見える・・・。
でもこれ、怖くないか?高速道路に乗ったら。
1日100km高速を走る私にはこの車では怖いかな、かわいいけど。
やっぱり街中用でしょうか。
Parisの道は入り組んでいて相当な地理知識と、運転技術が必要そう。それとあまり他人を気にしない肝か。




明日、反対の海を渡ってきます。10日ほど。See you.
f0032653_23394745.jpg

[PR]
by miholanta06 | 2006-10-01 23:42 | 旅行記 | Trackback | Comments(6)