作ったり読んだり飛んだり考えたり


by miholanta

プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

今夜もeat it
一日一膳
おいしい写真館
作りたGirlの★ビーズ...
本日の、のんし。
小国での日々 第6章
ほな、またね!
流木民
Kippis! from...
Rustique News
Aroma Relax

最新のコメント

☆mother-of-p..
by miholanta06 at 10:24
最高!! 今年の弥..
by mother-of-pearl at 15:21
☆smallcountr..
by miholanta06 at 02:00
こういう淡い色彩が、貴女..
by smallcountry at 00:55
☆mother of p..
by miholanta06 at 09:36
あ~、やっぱりまた行きた..
by mother-of-pearl at 20:48
☆smallcountr..
by miholanta06 at 10:53

ブログパーツ

カテゴリ

ひとりごと
プチショット
お菓子
うちごはん
手作り石けん
手作りパン
手作り
レシピ
外で見つけた
ダラス
アトランタ
ガラス

映画
旅行記
旅行記-フランス2013
旅行記-フランス2014
甥っ子
お知らせ/ご挨拶
etsy
日本 2014

ライフログ


ダカフェ日記


続 ダカフェ日記


上田義彦写真集 at Home


じいちゃんさま


うちの食卓 イタリア主婦のおいしい家庭料理


北イタリアの食卓 うちの食卓 Non solo italiano


A.R.Iのお菓子の提案―dailyマフィンとビスケット


Kippis! from Finland フィンランドの毎日の暮らし

タグ

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
海外生活

画像一覧

<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

遠く近い記憶

お元気ですか?北の人。
もう随分昔の話のような気がしてしまうけれど、ほんの二月ほど前なだけ。
楽しい日々はあっという間に過ぎ去り、変らぬ毎日にあっという間に戻ってしまう。
それはいいことなのでしょうかね。
f0032653_646062.jpg

5月の北海道はまだまだ冬でしたね。薄着の私は甘かった・・・。
雪国のあなたもさほど厚着じゃなかったけれど、そんなに寒そうに見えなかったのは経験値の大いなる差なのかしら。

おいしい珈琲屋にはあれからまた行かれましたか?
[PR]
by miholanta06 | 2010-07-31 07:11 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

チェリーにはワインがあう

このところ、新しいことといえば、毎週末のHOT YOGA。
サウナのように温められた部屋でゆっくり体を伸ばしていく。もちろん、サウナ程の高温ではないけれど、慣れると立っているだけで体全体から汗がじんわり出てくるくらいの温度と湿度。汗なんてかかなさそうな二の腕も足首にも汗腺ってあるんだなぁ。

それぞれのポーズの意味がわかってくればもっと体に効くんだろうけれど、今は先生の言っていることを聞き取りながら前にいる人のポーズを盗み見てなんとか形にしているくらい。でも面白い。(そのいつも盗み見ている(?)人がこの間クラスが終ったあと『どうだった?』と聞いてくれたので、『いつもあなたを見ているのよ』と言ったら、彼女は『私は週に4~5回来て何年もやっているからいい見本よ』と言ってくれたので、これからは堂々と参考にさせていただきます)
日本でやっていたと言う人が「肌がきれいになる」と言っていたけれど、それってデトックス効果?
しばらく続けてみようと思う。

そんな汗かきの後シャワーを浴びて、ひんやりデザート。
Cherry Cheesecake Tart with a Red Wine Glaze(レアチーズケーキ~チェリーのワインソースがけ~)
f0032653_10115393.jpg
The Last Course~The Desserts of Gramercy Tavernより。

チーズケーキは、まぁ、普通の作り。ワインに砂糖とスターアニスを加えて煮詰めて作るソースがこれの特徴かな。パッチンを使ってチェリーの種抜きをし、半分に切って、ソースをからめ、ケーキにかける。ソースだけなめたときは「うわ、酒っぽい!」と思ったけれど、煮詰める間にアルコールは当然飛んでいるわけで、持って行った先の子供たちにも大丈夫だったみたい(というか、自分に大丈夫だった)
ソースだけなめたときは味がキツイとおもったけれど、チェリーとからめると、「なんか、こういう味ってあるある」と納得。
はじめ、家で収穫したブルーベリーをチェリーの代わりにしようと思っていたけれど、やはりこのソースにはチェリーが相性よいのだな。レシピに納得。

さくらんぼのパッチンやら、ブルーベリーの収穫やら、また1年が巡ってきたのですね。早いなぁ。


先日友人からいただいた誕生日プレゼント、ラリマー(Larimar)という石だそうです。カリブ海のドミニカ共和国だけで採れるんですって。
f0032653_10414989.jpg
彼女がネックレスとしてつけていたとき、とても似合ってて、いいねいいねと連発していたら、くれました。いや、そういうつもりではなかったんだけど・・・うれしいです、はい。私もつけこなせるかな?暑い夏に胸元を涼しく演出してくれそう。
f0032653_1047194.jpg


ありがとう。
同じ誕生月の彼女、私はなにを用意しようかな。

7/23/10 Blueberry 446g
[PR]
by miholanta06 | 2010-07-26 07:43 | お菓子 | Trackback | Comments(4)

コスモポリタン

素敵なカクテルの名前、コスモポリタン
綺麗なカクテルの名前、コスモポリタン
お酒の飲めないわたしには無縁の強いカクテル、コスモポリタン
大好きなドラマSex and the cityに出てくるカクテル、コスモポリタン

そんなコスモポリタン初体験
綺麗で少し苦味のあるしゃっきりした飲み心地
f0032653_12185334.jpg


わたし仕様にお酒は弱めで。
N嬢家にていただいてまいりました。
ありがとう。
[PR]
by miholanta06 | 2010-07-18 12:20 | アトランタ | Trackback | Comments(6)

読書の夏

活字がないとどうにも落ち着かないので読書の春夏秋冬といったところですが、乱読記。

・『つむじ風食堂の夜』 吉田篤弘 ★★★★
この人の本をたくさんの日本人が読んだら、世の中もっと平和に穏やかになる気がする。
イラッとかムカッっとかの「怒」や悲しかったり淋しかったりの「哀」のときとか、なんかココロをevenにしてくれる。
なにげない、なんでもないんだけど、なんか、いい。とってもいい。

・『面白南極料理人』 西村淳 ★★★
南極でどんなことが行われているか、どんな人が行くのかなんてこと、ちぃっとも考えたことなかった。
そんな人たちが行って、そんなことをしているのね。当然のことながらとんでもなく寒いのね、ちょっとやそっとじゃないのね、楽しみは日々の食事くらいってものなのね、そりゃ、なんでも工夫して作り出せる料理人じゃなきゃ務まらないわね、それにしても豪勢な材料ね、でもそれが毎日食べられるからって行きたいかって言われたら、返事に困るわね。

・『手紙』 東野圭吾 ★★★★
どうにもこうにも東野圭吾、最近はずれが多かったけれど(レイクサイド、ゲームの名は誘拐)、これは泣いた。飛行機の中で泣いた。隣に人がいなくてよかったよ。う~ん、確かに強盗殺人事件の親族とは無条件に距離をおきたいよね、理由はなくとも、みんな自分がかわいいもの。そんな自分を棚に上げて主人公の回りにいる人を責めてしまう、一読者のわたし。都合がいいね。思いつきもしなかった、こういうスタンス。だから読書はやめられない。
この本は自分で買ったはじめての東野圭吾、それにしても彼の本は多方面から集まってくるわ(ほかは全て借り物、もらいもの)。人気があるのねぇ。『夜明けの街で』もけっこう面白かったし。

・『荒野』 桜庭一樹 ★★★★
『私の男』を気に入って2冊目の桜庭一樹、こんなのも書くんだ。ほんとは人に言いたくないタイプの「好き」な本になってしまった。大好きな本は人に伝えたい場合と伝えたくない場合があるけど、これは後者なの。
この女の子みたいに中学生のときからオトナになることを意識しながらオトナになっていれば、もっといいオンナになれていたかもしれないのになぁといまさらの後悔、先に立たず・・・。

・『螺鈿迷宮 上下』 海堂尊 ★★★★
『チーム・バチスタの栄光』が面白かったと言ったら知り合いがごっそり彼の本を貸してくれた。2作目の『ナイチンゲールの沈黙』は、なんかちょっとわたしにはファンタジーに思えてしまって、読み終えるのに時間がかかってしまったけれど(あやうくフェイドアウトするところだった)この3作目はぐいっと乗れた。面白かった。
上巻を読んでいるところで、貸してもらった中に下巻がないことに気づいてニューヨークのブックオフに駆け込みゲット。助かった!尻切れトンボは困ります、面白い本は!現在4作目読書中。

f0032653_12305612.jpg

酸化鉄ライトブラウンという色づけパウダーを使ったらこんなかわいいピンクになった。わぁい。中身は死海の塩と泥を加えた筋金入りのミネラルいっぱい石けんです。
[PR]
by miholanta06 | 2010-07-10 12:31 | | Trackback | Comments(8)

アイスクリームマシーン

このところピンクづいているかも・・・このページ。
先週のシャツも、先々週のバスソルトも。
今週も引き続き、ピンクでして

ホワイトピーチ・ロゼシャンパンゼリー。
去年もほぼ同時期に作っていました
f0032653_10485846.jpg

『the last course~the desserts of GRAMERCY TAVERN』より。

10個の白桃をロゼシャンパン1本使って煮る。蓋を開けたらあふれちまったぜ。
簡単に言えば液体でゼリー、白桃でシャーベット。2種類出来る。
f0032653_10524490.jpg



シャーベットが食べたいからというよりは、これを使いたいからシャーベットを作る、という逆転現象からはじまっていますが。
f0032653_1054823.jpg
先週買ったアイスクリームマシーンは赤です。5色あったけど、赤です。お店においてある箱に赤がなかったけれど、在庫を調べてもらって倉庫から持ってきてもらいました。キッチンの差し色は赤です。まぁ、あれば白でもよかったけれど、アイスクリームマシーンという「どうしても必要な調理器具」ではないお遊びどころとしては赤もよろしいんではないかと。

アイスクリームマシーンなんてえらそうな名前はついているけれど、結局のところこの機械の仕事は中のボウルを回転させ続けるということ。中の二層になったボウルを凍らせて、その中にシャーベットにしたい液体を入れてスイッチオン。20分で出来ると聞いていたけれど、材料が多すぎるのか、先週のチョコレートシャーベットも今週のピーチシャーベットも30分でもまだやややわらかい。次回はもう少し少量で。
予定はローストマンゴシャーベット。



外からは7月4日のアメリカ独立記念を祝う花火の音が聞こえてきます。
なんかノレないわたしは外国人だなぁと思います。
[PR]
by miholanta06 | 2010-07-05 11:05 | お菓子 | Trackback | Comments(2)