作ったり読んだり飛んだり考えたり


by miholanta

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

お気に入りブログ

今夜もeat it
一日一膳
おいしい写真館
作りたGirlの★ビーズ...
本日の、のんし。
小国での日々 第7章
ほな、またね!
流木民
Kippis! from...
Rustique News
Aroma Relax

ブログパーツ

カテゴリ

ひとりごと
プチショット
お菓子
うちごはん
手作り石けん
手作りパン
手作り
レシピ
外で見つけた
ダラス
アトランタ
ガラス

映画
旅行記
旅行記-フランス2013
旅行記-フランス2014
甥っ子
お知らせ/ご挨拶
etsy
日本 2014

ライフログ


ダカフェ日記


続 ダカフェ日記


上田義彦写真集 at Home


じいちゃんさま


うちの食卓 イタリア主婦のおいしい家庭料理


北イタリアの食卓 うちの食卓 Non solo italiano


A.R.Iのお菓子の提案―dailyマフィンとビスケット


Kippis! from Finland フィンランドの毎日の暮らし

タグ

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
海外生活

画像一覧

有川浩って

またてっきり・・・

とっても面白い本だった。
いい評判も聞いていたし、あまり本の話なんてしない友人からも「いいよ」と聞いて、ずいぶん、ず~いぶん前に手に入れていた本をようやく読んだ。なんというか、読みたいと思ったときと、手に入るまでに時間差がかなりあるので、実際手にしたときにちょっとそのモードになってないということが多々あって「あとでのお楽しみ~」と思っている間に、思わぬ時間(2年とか)がたっていたりするのです。

で、すっごく楽しく読めた『阪急電車』
f0032653_13244588.jpg

短い路線に乗りあう乗客の「袖振りあうも他生の縁」的な一瞬のふれあいが次に続き、次の人の人生の一遍が語られ、そしてまた次に・・・とお話もどんどん電車を乗り換えて先に進んでいくような、当たり前と普通に少しの勇気が加わると、とんでもないステキが待っているのかも、と思わされ、心がほかほかになりました。

で、普段はあまり好きでない文庫本の解説も大好きな児玉清だから続けてわくわく読んで(彼もこの本がとっても好きだったみたいでうれしい)、最後の方で「・・・素晴らしい感受性と智力を兼ね備えた女流作家であることだ。」とあったところで発覚!

オンナだった。

てっきりオトコ作家だと思っていた。・・・で思い込んでいた理由がまた今わかった。荻原浩と間違えていた・・・。いまどきのコドモの名前はなにがなんだか、オトコだかオンナだか、ニンゲンだかわからない名前も多いけど、こんな年代の人の名前でもわたしはよく間違えているかもしれない。以前も書いたけどね。

ま、一つ常識を重ねたということでいいとしましょう。
これは再読したいな。無条件にHappyになれる。
そしてこの人の本、また読みたいな。
今年の数少ない目標の一つが「読んだ事のない人を読む」ということだから、彼女の本はターゲットに入れておきましょう。


この本の設定、残念ながらちょっと東京ではこういうことはなかなかないかもな、と思ってしまう哀しいかな関東圏人。少し淋しいような。その分、敷居の高かった関西圏に少~し興味が沸いてきたかもしれません。
[PR]
by miholanta06 | 2013-01-19 12:41 |