作ったり読んだり飛んだり考えたり


by miholanta

プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

今夜もeat it
一日一膳
おいしい写真館
作りたGirlの★ビーズ...
本日の、のんし。
小国での日々 第6章
ほな、またね!
流木民
Kippis! from...
Rustique News
Aroma Relax

ブログパーツ

カテゴリ

ひとりごと
プチショット
お菓子
うちごはん
手作り石けん
手作りパン
手作り
レシピ
外で見つけた
ダラス
アトランタ
ガラス

映画
旅行記
旅行記-フランス2013
旅行記-フランス2014
甥っ子
お知らせ/ご挨拶
etsy
日本 2014

ライフログ


ダカフェ日記


続 ダカフェ日記


上田義彦写真集 at Home


じいちゃんさま


うちの食卓 イタリア主婦のおいしい家庭料理


北イタリアの食卓 うちの食卓 Non solo italiano


A.R.Iのお菓子の提案―dailyマフィンとビスケット


Kippis! from Finland フィンランドの毎日の暮らし

タグ

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
海外生活

画像一覧

日本滞在~ワクワク編~

日本にたくさんの新しいお店がOpenする中で、私が一番ワクワクしていたのは
「ラスティーク」 。妹夫婦の花屋です。
写真では見ていたけれど、実際この目で見ないことにはね。
(今回ご紹介する店内写真はお花以外の雑貨類をメインに。それにしてもこの床、この壁、一人で作ってしまったのです、妹の夫。すごいです。ひたすらすごい・・・)
f0032653_121434100.jpg

母の日の前の木曜日に日本に着いて、金曜日に母に車で連れて行ってもらいました。
初めて行く場所は、今どこを通っているのかの感覚も全然なく、途中9月Open予定のIKEAの前を通り、「こんなところに出来るんだ。道が混むぞぉ・・・」などと要らぬ心配をしつつ、はい到着。

f0032653_12442946.jpgf0032653_1245210.jpg
      ☆ドアを入ると☆                ☆ガラスの器、白い器☆

お~ここが~。
なんて言って入ろうかなぁ。
「こんにちは」「おじゃまします」「ど~も」「おひさしぶり~」「いぃお店ですねぇ」
なんて言ったかは忘れてしまったけれど、顔がにやけていたことは確か。
ガイドブックで見ていた名所に来たときみたい?ちょっと違うかな。

f0032653_130458.jpgf0032653_1302569.jpg
☆-右- アメリカンコレクティブルズのファイヤーキングやパイレックスに混ざってmiholantaのガラスネックレスも置かせてもらっています☆

・・・なんて、姉のにやけ感動も露知らず、妹から渡されたのは「はい、エプロン」さっそくお仕事です。そうです、そうでした、そのために来たんですからね、はいはい・・・。
新しい場所にお店を移してはじめての母の日です。
母の日といえば花屋の一番の稼ぎ時繁忙期。さぁ、勝負。
この日は私と母が雑用全般承り係。
翌日土曜日と母の日当日は妹の友人が助っ人で来てくれました。本当に感謝です。どうもありがとう。

花の種類を両手で足りるほどしか知識のない私に出来ることはあまりありません。言われたことをこなすのみ。一本売りのカーネーションをラッピングするのすら手つきが怪しい。外に苗を並べるとかの力仕事の方がだんぜん上手だったなぁ。宅急便用の箱を組み立てたり、後半は妹たちの作る花束とアレンジのリストアップで仕事の効率を図ります。(こういう仕事は向いていると思う。計画管理)

我が母はというと、厳しい妹の指導を受けながらアレンジを作ったり(実際店頭に並びましたっ!)、病院に配達に行ったり(「男の花屋さんのところね」なんて言われたそうです。少しは知られてきたのかな?)と私には出来ない活躍ぶり(花の扱いも、日本での車の運転も私にはない能力です)。母の日の母たちのために我が母大健闘。感謝。

f0032653_1250678.jpgf0032653_12502753.jpg
  ☆ブリキの箱やバケツ、郵便受けも☆      ☆「fog」のリネンも置いてます☆

それでも私は家に帰って寝ることが出来ました。(途中時差ぼけに襲われて、カゴにリボンを結びながら意識不明になったりしていましたが)でも妹たちは寝ずの作業。いやぁ、母の日の花屋の裏側は戦場です。

当日は朝からお客様が来てくださり、とってもありがたい。
小さな子がバラバラと小銭をレジに並べるのもかわいかったし、
お父さんのスポンサーをバックにお母さんの好きな色を探す女の子にも感動。
花屋になんておそらく来たことのないようなずり下げズボンの高校生くらいの男の子が「1000円で花束作ってください」なんてぼそっと言うのを聞けるのもあの日ならではですね。
手伝ってくれた妹のお友達が言っていたけれど、お嫁に行った花束の数だけのお母さんが今喜んでくれているんだなと思えば、心もしみじみあったまります。

f0032653_12545562.jpgf0032653_12515247.jpg
      ☆キッズコーナー☆              ☆miholantaのガラスも少々☆
戦争も終り、その日は近くの焼肉やさんにみんなでGo。とはいっても妹たちは殆ど徹夜、私も前日は1時までお店にいたのと時差ぼけで、なにが体に入ってきたのかもわからないくらい。
なにはともあれ、初めての母の日、つつがなく(?)越すことが出来ました。
みなさんどうもありがとう。
お店に来てくれた、わが友人たちも、どうもありがとう。またどうぞよろしくね。

f0032653_12524692.jpg
     ☆ホーローとかワイヤーのかごとか☆f0032653_1253451.jpg
                          ☆スタンプなんかのちっちゃな小物☆
ココに遊びに来てくださる方からの注文も受けました。Yさん、Mちゃんどうもありがとう。宅配伝票に名前を見つけて、うわぁ~!!!でした。とってもうれしかったです。受け取られたお母様が喜んでくれていたらなによりです。
[PR]
by miholanta06 | 2006-06-02 12:40 | 旅行記