作ったり読んだり飛んだり考えたり


by miholanta

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

お気に入りブログ

今夜もeat it
一日一膳
おいしい写真館
作りたGirlの★ビーズ...
本日の、のんし。
小国での日々 第7章
ほな、またね!
流木民
Kippis! from...
Rustique News
Aroma Relax

ブログパーツ

カテゴリ

ひとりごと
プチショット
お菓子
うちごはん
手作り石けん
手作りパン
手作り
レシピ
外で見つけた
ダラス
アトランタ
ガラス

映画
旅行記
旅行記-フランス2013
旅行記-フランス2014
甥っ子
お知らせ/ご挨拶
etsy
日本 2014

ライフログ


ダカフェ日記


続 ダカフェ日記


上田義彦写真集 at Home


じいちゃんさま


うちの食卓 イタリア主婦のおいしい家庭料理


北イタリアの食卓 うちの食卓 Non solo italiano


A.R.Iのお菓子の提案―dailyマフィンとビスケット


Kippis! from Finland フィンランドの毎日の暮らし

タグ

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
海外生活

画像一覧

はじめてのおつかい

4歳の子供がお母さんに頼まれ、2歳の妹と一緒におつかいに行く話。

途中犬に吠えられたり、雨が降ってきたり、おなかのすいた妹が泣き出したり、自分だってツライけれど、けなげに初めてのミッションを成し遂げる姿は百戦錬磨の大人のココロも溶かす感動物語。

これが10倍の年になった場合、当たり前すぎることなのだけれど、
今の私にとっての 『はじめてのおつかい by myself by my feet』 はちょっと感動。
車椅子なしで、付き添いなしで、一人で行ったしばらくぶりのお買い物。うれしい。
4歳の子に負けないくらいうれしい出来事。

まずはメンバー制のでっかい倉庫のような卸売り屋さん。
トマト缶と3色パプリカ、生クリームを買いました。

次は普通のスーパー。
アーティチョークの瓶詰めを買いました。

3軒目。アジアンスーパーにて。
たまねぎといんげん、アスパラ、にんにくを買いました。

4軒目。トレーダー・ジョーズにて。
パンと桃、水、オリーブオイル、ワインビネガーを買いました。

カートに寄りかかるようにして、練習だこれも!と最初は楽しかったんだけど・・・、
やり過ぎでした。3件目でかかとがびりびり痛くなり、もう止めようかと思ったけれど、もう1件行ってしまえば明日は一日家にいられると思い、もうひとふんばり。

足の真ん中へんを折ったのでそこに負担がかからないよう、かかとでしっかり地面をつかんで歩くといった格好になるので、普段よりなんというかしっかり丁寧に歩く感じになって左だけでなく、右のかかとも痛い痛い!もう足を地面につけて移動したくない!と最後には御伽噺の王様にしか許されないようなことを望んでしまいました。

f0032653_11515010.jpg






エキサイトのブログ『うちの食卓 Non solo italiano』さんが出された本
『北イタリアの食卓  うちの食卓 Non solo italiano 』から
(今回、日本からの必要最小限荷物の中に入って来た貴重な本2冊のうちの1冊です。もう1冊は『女子カメラ2』大好きな人がまた載っていますから)



☆手長海老とカルチョーフィ(アーティチョーク)のパッパルデッレ 
f0032653_11561427.jpg
パッパルデッレとは手打ちパスタを1mm厚さに伸ばし2~3cm幅に切ったものですって。
これは生パスタとして売っていたものを買ってきました。マイ手打ちではありません、念のため。
 


☆インヴォルティーノ(肉や魚などで具を巻く料理)
f0032653_123474.jpg
鶏肉をベーコンで巻いてローズマリーと一緒に焼きます。いい香り。つけあわせ、いんげんのバターソテー、パルメザンチーズがけ。



☆アスパラとパプリカの胡麻あえ
f0032653_11385421.jpg
オレンジと黄色のパプリカとアスパラの緑が、目にも鮮やか、カメラ写りもきれいきれい。


載っているのはシンプルな材料でシンプルな作り方のものばかり。
私にも出来るかな?と挑戦意欲が沸きました。
特筆すべきはたまねぎ含有率が少ない!いぇいっ!

まずは基本のトマトソース、たまねぎ丸々2個(!)入れて、3kg(!)のトマト缶を一気に鍋に入れて煮込みました。作り方では2kg(!)なんだけれども、売っていたデカ缶が約3kg(!)だったのでえぇい、どうせ作るなら多く作ったれと勢い込んでいました。

煮るのは簡単ですよ、ほぉっておけばいいんだもの。
大変なのは漉す作業。
「トマトとたまねぎの繊維だけが残るくらいにしっかり漉しましょう」とはイタリア製、野菜漉し器がある方のお言葉。そんな便利そうなものはないのでザルとマッシャーで地道な手作業をしている私にとっては途中うめいたり、ピーワードを発しそうになったりしながら最後には無の境地(=放心)になるほど長い長い試練の時でした。

でぇも終ってしまえばこっちのもんです。おいしい酸味のトマトソースがたくさん出来ました。。
当日使ったのはほんのカップ1/2だけだけれど、
残りを小分けにして全部で
       3/4カップ x 6
        1カップ x 3
        2カップ x 3


ほぉっほぉっほぉっ。これだけ冷凍庫にあると思うとたまらなく安心感。
あるというだけで、あとなんにもしなくなりそうな気がしないでもないのですがね・・・。

さて、どうなることやら、お楽しみ。
[PR]
by miholanta06 | 2007-06-15 07:03 | うちごはん