作ったり読んだり飛んだり考えたり


by miholanta

プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

今夜もeat it
一日一膳
おいしい写真館
作りたGirlの★ビーズ...
本日の、のんし。
小国での日々 第7章
ほな、またね!
流木民
Kippis! from...
Rustique News
Aroma Relax

ブログパーツ

カテゴリ

ひとりごと
プチショット
お菓子
うちごはん
手作り石けん
手作りパン
手作り
レシピ
外で見つけた
ダラス
アトランタ
ガラス

映画
旅行記
旅行記-フランス2013
旅行記-フランス2014
甥っ子
お知らせ/ご挨拶
etsy
日本 2014

ライフログ


ダカフェ日記


続 ダカフェ日記


上田義彦写真集 at Home


じいちゃんさま


うちの食卓 イタリア主婦のおいしい家庭料理


北イタリアの食卓 うちの食卓 Non solo italiano


A.R.Iのお菓子の提案―dailyマフィンとビスケット


Kippis! from Finland フィンランドの毎日の暮らし

タグ

以前の記事

2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
海外生活

画像一覧

<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

週末

夜更かしをして、目覚ましなしで起きればいい日。自分にご褒美。

う~ん、寝たなぁと思いながら起きて、顔を洗いながら洗濯機を回し、ゴミを回収し、なんだかんだと気になっていたことを片手で片付けながら、遅い朝食。

f0032653_12102854.jpg


最近お気に入りの、トマトとルッコラのサラダ。
トマトをスライスして、塩をパラパラ。デッキから採ってきたルッコラを洗ってばばばと乗せ、チーズを細かく切ってポロポロおいて、オリーブオイルをほんのたら~り。今日はDipping Oilを使ったので黒っぽいものがありますけれど。
これだけでおいしい。
そうか、これだけでおいしいんだ。
サラダミックスを切らしていても、これだけでいいんだ、となんだかお得感。

2日目は早寝をして、翌朝早起き。1日を有効に使うために。
あれもこれもしたいことはいっぱい、いっぱ~い。


・・・出来ればいいんですけどね、簡単に。早寝早起き、これがけっこうむずかしい・・・。
[PR]
by miholanta06 | 2007-06-26 12:14 | レシピ

何年かぶりの○○モード

先週「はじめてのおつかい」にもかかわらず、スーパーを4件もまわって、足に悲鳴をあげさせても、翌日家にこもりたかった理由。

f0032653_22542472.jpg
テーブルクロスを作りました。とは言っても布の端を始末しただけ。

あまりにもシンプルなので、テープを一箇所にだけつけました。ゴミがついているみたい?
それでもまだシンプルだけど。

たかがこんなものでも構想2年、いや3年?布を買ってからミシンにたどり着くまでなが~い時間がかかっています。
これみたいにやろうと思って準備段階もしくは途中でやりかけて挫折しているものがクローゼットの奥にはごろごろしています。製作に時間のかかるものは途中で興味が薄れてしまう、というか何か他に興味を惹かれるものが出来てしまうと気持ちがそちらに移行し、今目の前にあるものはほったらかし、いつの間にかクローゼットの奥にと移動していくのです、移り気なわたし。
なのでビーズやお菓子、ガラスなど短時間で勝負の付くものの方が性に合っているみたい。

そんなクローゼットにしまわれているもの、一例。今ここで2年間軟禁されても大丈夫!時間をもてあますことなど絶対ないと思われるほどいっぱい。

例えば、

・クロスステッチ2点 :一つはアメリカ地図の大作。まわりの友達大勢がこれを手がけ、ある人は完成させ、ある人はギブアップ(彼女いわく「卒業した」とのこと)、私はあくまで「やりかけ」です。完成させる「気」だけはあります。いつか、多分・・・。
f0032653_123131.jpg


・キルティングのキッチンタペストリー :キットで買って、青い刺繍糸だったところを、わざわざ赤に替えて、勢い込んでいたのに、最後にさわったのはいつでしょう?でも絵はかわいいの。きっと終らせたい、いつか、多分・・・。
f0032653_1234070.jpg



・やはりキルティングの刺繍&パッチワークバッグ :これは・・・もうそれこそあと1歩で完成だけど食指の動く気配なし。
f0032653_124720.jpg


ま、おいおい、そのうち、腐る前に・・・。

ここに載せるためだけにクローゼットから出してみたけれど、こうして証拠写真を並べてみるのってかなり自虐的。このままとっとと元いた場所に逆戻りか、はたまた娑婆にしばらくお出ましか、神のみぞ知る・・・?
それにしても、どれもこれも針と糸がつきっぱなし。ここまでやっちゃいましょうってキリをつけないでフェイドアウトしていたらしい。 

・・・で、話は戻って
[PR]
by miholanta06 | 2007-06-20 23:00 | 手作り

はじめてのおつかい

4歳の子供がお母さんに頼まれ、2歳の妹と一緒におつかいに行く話。

途中犬に吠えられたり、雨が降ってきたり、おなかのすいた妹が泣き出したり、自分だってツライけれど、けなげに初めてのミッションを成し遂げる姿は百戦錬磨の大人のココロも溶かす感動物語。

これが10倍の年になった場合、当たり前すぎることなのだけれど、
今の私にとっての 『はじめてのおつかい by myself by my feet』 はちょっと感動。
車椅子なしで、付き添いなしで、一人で行ったしばらくぶりのお買い物。うれしい。
4歳の子に負けないくらいうれしい出来事。

まずはメンバー制のでっかい倉庫のような卸売り屋さん。
トマト缶と3色パプリカ、生クリームを買いました。

次は普通のスーパー。
アーティチョークの瓶詰めを買いました。

3軒目。アジアンスーパーにて。
たまねぎといんげん、アスパラ、にんにくを買いました。

4軒目。トレーダー・ジョーズにて。
パンと桃、水、オリーブオイル、ワインビネガーを買いました。

カートに寄りかかるようにして、練習だこれも!と最初は楽しかったんだけど・・・、
やり過ぎでした。3件目でかかとがびりびり痛くなり、もう止めようかと思ったけれど、もう1件行ってしまえば明日は一日家にいられると思い、もうひとふんばり。

足の真ん中へんを折ったのでそこに負担がかからないよう、かかとでしっかり地面をつかんで歩くといった格好になるので、普段よりなんというかしっかり丁寧に歩く感じになって左だけでなく、右のかかとも痛い痛い!もう足を地面につけて移動したくない!と最後には御伽噺の王様にしか許されないようなことを望んでしまいました。

f0032653_11515010.jpg


でもでもでも、そんな思いをしてでもそろえたかった材料で作ったものは
[PR]
by miholanta06 | 2007-06-15 07:03 | うちごはん

こうなって思うこと

ベコタン・・・、ベタコン・・・、私の歩く音を表現するとするとこんな感じでしょうか。

あれから3週間たってから、歩く練習しています。1歳の子供とどっちが速いかな?競争できるくらいのスピードです。
彼らはきっとハイハイの方が歩くより速いでしょう。
私は片足ケンケンや、松葉杖でストライドの大きな1歩を跳ぶ方がかなり速いです、勢いついてます、急には止まれません、けっこう危険です。

でもいつまでもそれでは日常に戻れないので歩く練習です。
両手両足がばらばらに動いています。泳ぐように。もとい、溺れているかのように。へっぴり腰です。
想像すると面白いかもしれません。
想像しないでください。

それでもってこの暑いのに(90Fですよっ!)スキーブーツ(のようなもの)です。
歩行を助けるとか?
なんというか、同情を引く姿です。
f0032653_11314440.jpg




えぇ、話は変わって先日、お菓子を焼きました。

冷蔵庫はまだ閉められないけれど、両足で立てるようになったから。
というか、ケンケンで跳んできて、パッで立てるようになったから。
こんなたかだか20cm少々の大きさの足の裏(私のは大きい方だけれども)がこんなに偉大な力を持っていたなんて再発見。

・さくらんぼのマフィン
・レモンのカトルカール
・水羊羹

f0032653_11343077.jpg
その前の日にはよもぎケーキも焼きました。

大変なのはパントリーから材料を出して、量って、すぐ片付けられないこと。
カウンターの上が山盛りになってしまいました。
あっちとこっちのカウンターの行き来は車椅子&ケンケンパッ。疲れたけれど、でも楽しい。

夜には夕飯もケンケンパッで作ったので、汗だく、かなり体育会系料理となりました。
おかげで床の上から右足だけですっと立てるようになりました。
頼りはあなた、右太ももとふくらはぎです。もともと立派でしたけど。さらに力強くなりました。

こうなって思ったこと
[PR]
by miholanta06 | 2007-06-07 09:06 | ひとりごと

赤い玉手箱

あるところに足の悪いおばあさんが住んでおりました。

いつもだってたいしたものを作っているわけではありませんが、足のせいで思った以上になかなかお料理がはかどりません。

「だって、ルクルーゼったら重たくて、出すのも、洗うのも、しまうのも大変なんですもの」
「だってまな板の上で切ったものをコンロに持っていくのにも車椅子だとお水をぼとぼとこぼしてしまうんですもの」
「だって冷蔵庫を足で閉められないんですもの」

etc...
言い訳ばかりです。

さて、おばあさんの家の近くには一人の娘が住んでおりました。
器量よしの娘は、気持ちがやさしく、お酒が強く、そしてなんといってもお料理&おもてなしがとっても上手でした。

「おばあさん、足が不自由でかわいそう。なにか私にできることはないかしら?」
やさしい娘は思っておりました。

ある日おばあさんが家に帰ってみると、裏口に見覚えのある赤い箱が。
f0032653_22101637.jpg


「おや、これは娘のクーラーボックスだね。どうしたんだろう?いつからここにあるんだろう?」

おばあさんが不思議に思って箱を開けてみると
なかからは大判小判がざっくざく...
ではなく、白い煙がぼわんと...
でもなく、気持ちの悪い虫やおばけ...

でももちろんなく、おいしいごちそうの数々。
f0032653_22103433.jpg

『夕飯をたくさん作りすぎてしまいました。よかったら食べてください』

「あの娘が作って届けてくれたんだね。なんとやさしい娘だろう。」
おばあさんは感激至極。本当に思わず涙が出そうになりました。

早寝の娘はおばあさんが帰って来るのを待ち切れず、冷凍パックを山盛り入れて、デッキに置いておいてくれたのです。

f0032653_22113089.jpg

おいしいごちそうをたくさん食べて、残りは冷蔵庫に入れて「ふふふ明日も続きが食べられる!」と思いながら、 おばあさんは幸せな夢をみて眠りました。

めでたしめでたし。

Based on a true story
.                         
Super Thanks, N-chan !!!


☆おまけ☆
おばあさんのお返しはお手製グラノラ
f0032653_22142988.jpg

んなもん作っているくらいなら、料理しろって?
だって冷蔵庫が足で閉められないんですもの・・・
[PR]
by miholanta06 | 2007-06-01 04:47 | うちごはん